バイク関係で懇意にしている某ブログ友のところで、何日か前にエンジンのクランクを手で回すことの話題で盛り上っていたこともあり、我が家の小屋でずっと埃を被っていたディーゼル発動機の写真を撮ってみました。
IMGP3049-1s-ブログ 殆ど汚いまま、廻りも片付けないで撮ったので恥ずかしい限りですが、
 ヤンマーのNS40(4馬力)というものです。

 昔はどの家にもあった耕運機にもジーゼル発動機がついて、クランクを
 手動で回したものですが、これは最初から原動機だけで使うことを目的
 に、木製のスタンド枠に載せられて販売されていたもののようです。

新品で買ったと思いますが、どれ位経ったのか記憶が定かでありません。
少なくとも30年以上は前のものだと思いますが。

ウチでは薪を作るために、ある態度の長さのある丸太を切断する台に繋いで使っていました。
スタンドの隙間に木を打ち込んで固定し、太く長いベルトをX字にクロスさせて、原動機側とスライドする台に装着した直径1mほどの丸鋸に連結するのです。

ベルトは滑るので専用の羊羹みたいなワックスを塗ります。
ベルトが外れないようにガイドみたいな役目の鉄棒を地面に差し込んだりしてたのを記憶しています。

昔は近所でも薪ストーブを使っていたところが何軒もあって、冬前になるとよくこの手の作業の音が響き渡ったものです。
デカイ丸鋸が木を切断する時の甲高い音は今でも耳に焼き付いています。
多少は安全枠で囲む丸鋸部分も殆どむき出しの状態ですので、父との作業はかなり慎重にやった記憶があります。
鋸を研ぐ鑢や丸鋸台、ベルトもまだありますが、いつか使う時があるのでしょうかね~。

世の中、発動機マニアなるお方が一杯おられるようですね!
ウチのはそんな中ではかなり新しい型のものなんでしょうが、男の子としてはむき出しのエンジンがこうやって置かれているのに心が躍ったりするわけで。
久々に出してみましたが、そのうちエンジンを掛けてみようと思っています。
順調に動けば、お化粧直したりして..

程度がいいとまだ値段が付くようです。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b94680252
今日は、若かりし頃に買ったパイオニアシスコン「PROJECT 700」とパイオニアラジカセ「ランナウェイSK-900」のご紹介です。

相変わらず昔を懐かしんでおります(汗;
DSC00126.jpg

  レトロ感漂うナショナル製扇風機です。
  
  勤務する会社から写真撮影に借りたものです。
  
  昭和40年代にはすでに事務所にあったそうです
  が、販売された時期は全く分かりません。
  
  現在使っていませんが問題なく動きます。






DSC00125.jpg DSC00119.jpg DSC00123.jpg

世界初のライカサイズ電子シャッターコンパクトカメラ
ヤシカエレクトロ35GTゴールドメカニカです。

20061121161724.jpg

ヤシカはかつて日本に存在したカメラメーカーで、このカメラは多分1966年~1975年頃まで販売された中のモデルと思われます。

当時は「ローソク一本の光でも写る」というキャッチフレーズで爆発的に売れた記憶があります。

ネット検索すると結構サイトがあり賑わっているようです。

その中からこのカメラについての賞賛のことばを引用すると

・クラッシックカメラの名機
・メカ好きレンズ好きの人間からみればいまだにその魅力は衰えない。
・「カメラレビュー」誌がその創刊号(1977年10月号)で、1911年から1976年まで発表されたカメラの中から選定した「日本のカメラ名機50選」を発表した際に34位にランクされている。 等々

ほんとにビックリしました。

私が持っているものは1972年(当時中学生)に修学旅行に持っていくために親が買ってくれたものです。

今は全然使っていませんが、今回なかなかのものだというのを聞いて、これからも大事にしたいと思います。
記事消失にガックリですが、開き直ってお口直しに記事を更新します。

私のブログのテーマが絶版バイクのレストアということで、どちらかといえば回顧的・ノスタルジア的なものを題材にしてます。

それだけ年をとったんでしょうか、一種の昔を懐かしむ的発想なのかもしれませんネ!

当然若い人はブログに訪問しないだろうと思い、バイクレストアがいっこうに進まないので、その合間に自分の周りにある数少ない「ちょっとだけレトロ」なモノをUPしたいと思っています。

第1弾として 今回のレストアする「ホンダTL50」と偶然同い年の28歳の充電式ドライバーを紹介します。

マキタ充電式式ドリル6010D(本体定価 15,900円 多分)です。

DSC00095.jpg


大手電動工具メーカーの「マキタ」が昭和53年(1978年)にニッカド電池式の第1号機として発売したものです。
まだロゴにカタカナを使っていてなかなかレトロな感じです。

親父が所有していたもので、現在は私がよく使っています。
全く不具合無く、まだまだしばらくは現役で使えるでしょう。
ただトルク管理が出来ないのでネジ締めには不便ですが、実作業での問題はあまりありません。

これからも大事に使っていきます。