上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は「浜田省吾」の秋田公演を目前に一言・・!

特に感心の無い方には、聞き流してもらうとして(笑)

彼の曲を聴くきっかけは、妹から「これ結構いいよ」って渡されたセルフカヴァーバラードセレクションアルバム「Sand Castle(サンド・キャッスル)」!(当時はまだレコードでした)
今から23年前の1984年のことでした。

それからの彼の熱烈なファンになるまではさして時間を要しなかったことは言うまでも無く。ってところですかね!

ま、彼の細かい説明は省くとしても、その後ファンとしてよくあるパターンとして、コンサートへの願望というものが日増しに強く芽生え、1988年に私の地元で初ライブを体験。
その後、2年後に青森、91年に仙台みちのくの杜湖畔公園の野外コンサートへ参加(浜省ファンは参加すると言うそうな)、完全に浜症(同じくこう呼ぶとな)への道に!

のはずが、その仙台公演以降すぐに彼が2年間の完全休暇に入ったことや、ドラマ「愛という名のもとに」の主題歌がヒットしたことが原因なのか、なぜか私自身の熱が下がってきたように感じつつ、アルバムも発売ごとに聴くものの、90年の「誰がために鐘は鳴る」というアルバム以降は前のような気持ちに戻ることの無いまま年月が過ぎ去っていきました。

コンサートへの機会も結構ありましたがなんかその気になれずで!・・ということは多分彼の熱烈なファンでは無かったんでしょうね!

でも数年前から彼の新たな方向性として「Fairlife」というユニットの活動も始めたことや、最新のアルバムの出来が思いのほか良かったことが、もう一度彼への情熱がぶり返したように一挙に加速していきました。
20070531103441.jpg20070531170207.jpg

なぜ自分のブランクがこんなにも長かったのかを考えることも無かったのですが、最近になって彼のファンサイトでその理由の一端に触れたように感ずるものが・・。
簡単に言いますと、仙台公演以降の休暇時期、特に1992年は、彼の人生の中で最もボトムラインをさまよっていたらしく、彼に対する世間の音楽的感心が高まることに反比例しマスコミから意識的に遠ざかっていた時期であったようです。

無理やりの結論ですが、その時期と私のブランクの始まりが重なっていたのはただの偶然なのかな?と思ったりもしています。
多分に彼への思い入れの少なさがあったという反省も込めて・・・

先日、彼の熱烈なファンの方のブログで仙台公演の映像が入ったDVDがあるとの情報を得、早速に購入し鑑賞しました。
16年前のあの夏の夜が鮮やかに蘇りました。
その時自分がそこにいた・・その映像を今になって観れるとは思ってなかったもので思わずの宝物となりました。

これで6月3日への気分が徐々に高まってきております!

他の浜友さん(ファン同士をこう呼びます)のボルテージもかなり上がっているとのこと・・楽しみです
スポンサーサイト
2007.05.29 秋田の歌姫
現在レストアのみならずスピーカーキット製作もままならない状況が続いています。ほんとじっくり落ち着ける時間がほしい~!

と言ってますが、このブログの更新だけは空けないようにと、無理にネタ探してUPしております。(^▽^;)

今日も懲りずに秋田の有名人をチョイス!

99年に福山雅治プロデュースの「Squall」が大ヒットし、友川かずき(古い!)・因幡晃(我が街出身)に続く?秋田のシンガーソングライター「松本英子」をご紹介。

詳しくはオフィシャルサイトWikipediaで!

今日はその代表曲「Squall」を・・・

イーハトーブトライアル大会クラシック会場の七時雨山の航空写真地図です。



powered by 地図Z

地図へ切り替えたりして自分で使う事も考えUPしました。
使い方は説明するまでもなく・・ですが、上下左右への移動は左クリックでつまみます!

殆ど緑色ですね!

現在不具合で黒く表示されているようです。
アニメソングの帝王「水木一郎」が歌う秋田のヒーロー「超神ネイガー」の主題歌
『豪石!超神ネイガ ー ~見だが おめだぢ~』をどうぞ!

ラストにマシンショッツラーも登場!バイクファン必見です(笑)! 
以前の記事で取り上げた「ビクタースピーカーキットSX-WD5KT」のザ・キット屋バージョンを購入しました。

IMGP0145.jpg

第一ロットがすぐ完売で、第二ロットを待って受注。
納品まで約1ヶ月との連絡に、首を長くしてこの日を待ってました。

このキット屋バージョンは、大メーカーのビクターがキット製品を販売するという画期的なシロモノを、ザ・キット屋がアップグレードパーツやネットワーク回路を変更して音質をさらにグレードアップさせたものです。

主なチューンは、ネットワーク回路をウーハースルー結線、コンデンサーをフィルムコンデンサーに変更する等、出来るだけネットワークの存在を消す方向にキット屋がヴォイシング。
また、アコースティック部分はウィンズ村瀬氏が内部配線材をWE(ウェスタンエレトリック)社製の銀巻線に、吸音材をサーモウールに変更して追い込みをしたものです。

なんといってもスピーカーコーンが木で出来ているというビクター以外では造っていないものを、最近名だたるメーカーがその存在を気になりだした「ザ・キット屋」がチューンしたものですので期待大です。

そんなに高価ではありませんが、コストパフォーマンスは高いようですので、ゆっくり時間を掛けて作っていくつもりです。
塗装は音響面を考えると「オスモカラー」ですかね!

完成したら「製作記」としてUP予定です。
本日リリースされた竹内まりやの新アルバム「Denim」買っちゃいました。

img49437.jpg

過去の記事で、NHK「SONGS」で彼女が歌った「人生の扉」が久々に心の琴線に触れた曲であったことを紹介してましたが、やはりこの曲を中心に新アルバムがかなりの反響を呼んでおり、ここは是非購入せねばと今日仕事帰りにレコード店に行きましたら、なんと「完売」で再入荷待ちとのこと・・・
2件目も売り切れ! やっとこさ3件目で買うことができました。
もしかすればとは思ってましたが初日からこれほど売れていたとは!

聞くところによれば、昨日の「とくダネ」で小倉智昭さんがこのアルバムを絶賛されたとか・・! でもリリース直前の営業なのか本意なのかは分かりません!

じっくり聴いてみました。
やはりいいです。
ポップシンガーの第一人者としての看板に偽り無しです。

以前の彼女は女性賛歌的な楽曲が多かったので、男がわざわざ聴くことも気恥ずかしいものがあり、殆ど代表曲くらいしかわからなかったのが、なぜか今回のアルバムだけはじっくり聴いてみたい心境になってました。

彼女が歳を重ねたことにより彼女のポップスがさらに醸成されたような気がします。

久々のいいアルバムです!

{スポーツ報知のインタビュー記事}

話題作「人生の扉」はYouTubeの動作がおかしくなってて、他でもタグがとれなかったので、今日はアルバムに入ってるポップな曲「シンクロニシティ(素敵な偶然)」を・・・


秋田で最も浜省を熱く語れるだろうTADASHIさんが運営している ブログの本日の記事で、19日のスターダストレビューのさいたまスーパーアリーナライブを取り上げていました。

特筆は当日ライブでの写真・録音OKという内容!

最初はえ~まさか?って思いましたがどうやら本当のようです。 参考サイト

地元とはいえ異例の大サービス!スタレビさんはスゴイです!

最近ではライブ終了後に当日録音した音源を記録したメディアを即日販売するサービスがある(これから出来る?もうやってる?)って話も前に聞いたことがありますが、感動のステージであるほど購入する人も多くいるんじゃないでしょうか。

TADASHIさんが同じ記事で、浜省の1991年みちのく湖畔公園野外ライブの映像が入っている市販DVD(ビデオ?)への思い入れを語ってますが、当日その場にいた私もこの映像がどうしても観たくなり、そのブログにDVDのタイトルを教えてほしいとコメントしちゃいました。(TADASHIさんはこちらのHPも運営しています)

思いがけず、ライブへの想いが膨らんだ一日でした。
青森県大鰐町で開催された「東北TR第3戦青森大会」を観戦してきました。

会場から望むリンゴ畑の風景
IMGP0123.jpg

会場は自宅から車で40分位のところにあり、砕石場を利用した特設会場のこと。
競技コースは前日からの雨で悪コンディション! 時折小雨がパラつき気温も8度と肌寒い中での観戦となりました。
途中の「観戦者は→」の看板に従い山道を上ると、なにやらPらしきところが・・5台入ればやっとのところになんとか潜り込んでいよいよ観戦です。
どうやら本部等の陣地は下にあって、観戦者はコース途中から観れる仕組みのようで、多分ここはコースの中後半の部分のようです。
初めての生トライアルでしたので、競技ルールもわからないし最初は戸惑いましたが、段々と競技者と採点係員との間合いや採点の仕組み、ゼッケンの色でコース区分けが違ってたり、レベルの差も漠然とながらもわかるような気にも?!。
印象としては、まず2サイクルが殆どで、例のオイルの焼ける独特の匂いが自ずと気分を高揚させるのと、わりとのんびり競技できるものなんだな~という感じがしました。
駐車場の隣には栃木ナンバーの車があって、嫁が聞くには中学生の息子さんが出場しているとのこと!
栃木って関東ですよね?
MFJサイト見るとボーナスポイントが付く会場となっていたので、ポイント稼ぎのためなんでしょうか?それとも転戦するのがあたりまえなんでしょうか?素人の私には知るよしもなく・・。
第2戦の岩手大会結果表で知人がNBクラスに出てたのを見つけ、もしかすれば応援出来るかなとも思ってましたが、雨の日の家族連れはどうも落ち着かなく、彼の姿を見る前に出発点にもよらず帰路に着きました。
かれこれ1時間半程でしたが、初めてのトライアル観戦は結構面白かったです!
都合がつけば秋田大会にも出向いて、腰を据えてじっくりと観戦したいものです!

IMGP0125.jpg

IMGP0128.jpg

IMGP0122.jpg IMGP0130.jpg

img42917.jpg

6月3日の浜田省吾秋田公演のペアチケットをゲットすることができました。

一般予約の抽選では外れましたが、なんとか手に入れほっと一息ってとこです。

最近ではチケットの取りにくいアーティストのひとりといわれるハマショーですが、今回のホールが2千席に足らず・東北は秋田と青森、仙台の3会場のみ、特に秋田は日曜日とあって激戦だったようです。

座席位置の詳しいことは当日までタブーってことで・・・/ただうちのカミさんがこの手のコンサートが初めてということもあって、見通しがよく、ホールライブ独特の雰囲気を味わえるエリアを希望してたんで、前の方ではありませんがほぼ満足できる席をゲットできました!

当日はカミさんの実家に泊まることに予定しています。

今回で4回目になりますが、「仙台みちのく杜の湖畔公園」以来16年ぶりの浜田の歌声を聴いてきます。(彼も歳とったんだろ~な)
今回は前記事「超神ネイガー」に続き、秋田を中心に広く活動している方の紹介シリーズ第2弾として「ABC」というバンドユニットをご紹介!

-------------------------------------------
99年、元オフコースメンバーの大間ジロー(ドラムス)・松尾一彦(ギター)・清水仁(ベース)が、解散後10年ぶりに3人で演奏したイベント「Acoustic Beatles Club」(銀座PH-1にて)を機会にユニットを結成。
ユニット名はこのイベントの頭文字から「A・B・C」と命名。現在、3人のルーツであるビートルズのカバー曲を主体にしたアコーステイックなライブ活動を展開している。
-------------------------------------------

このユニットをご存知のない方も多いと思いますが、オフコース自体超メジャーでしたので、メンバーの面々は知っている方は多いでしょう。

実はこのメンバーの大間ジローさんと松尾一彦さんは秋田県の出身なんです。とりわけ大間さんは隣の小坂町で生まれ、高校は私の住む街に通っておられたそうです。
秋田限定のヒーロー「超神ネイガー」が操るオートバイ!
その名も「マシン・ショッツラー」・・

zu-bike.jpg

1.仕様  「ハタハタ型のオートバイ」
        ショッツラーの名称は、秋田の伝統的な魚醤しょっつるに由来する。
2.馬力  出力10万bp(ブリコ・パワー:ブリコとはハタハタの卵のこと)
       ちなみに10万bpは約47馬力
3.燃料  しょっつる。
      そなアホな!

この超神ネイガーは地元秋田では、仮面ライダーやゲキレンジャー等に負けない人気があり、各種イベントで引っ張りだこなんです。
その他アラゲ丸やホジナシ怪人(かなりの種類います)など、ばかばかしいキャラがいっぱい。
これぞ、北のラテン人-秋田県人のなせる業です!

関心のある方は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からもどうぞ!

カレンダーどおりの連休も雑用に終始し、TLのレストアが少ししか進まないうえ、またまたこんな記事をUPしています。あしからず!

PS:新キャラ「ネイガーマイ」の辰子ツイスト画像追加しました。
辰子ツイスト
こまちドーナツ様より転載させていただきました。
今日家族で青森県弘前公園の桜を観にいってきました。

ソメイヨシノをはじめ、シダレ桜、八重桜などが園内を染め上げる日本一の桜まつり。道々は桜のほのかな香りが漂い、文字通り桜花爛漫の情緒を醸し出しています。

下乗橋からの天守閣
IMGP0093.jpg

今日は半袖姿の方も結構いるほどの好天で、桜はほぼ満開の見頃を迎えておりました。
さすがに日本一の桜まつりだけあって、人・人・人の波で、人の数も桜に負けず見頃でした(笑)
(昨年はまつり期間中に255万人の方が全国から訪れたそうです。)

       追手門外堀 (水面には散った花びらがピンクのじゅうたんに)
       IMGP0107.jpg


帰りに公園の向いにある「弘前市立観光館」を見学

     弘前ねぷた灯篭(弘前はねぷた 青森はねぶた
     IMGP0108.jpg

     珍しい「スバル360」の展示(群馬県太田市から寄贈されたもののようです。)
     IMGP0114.jpg

天気に恵まれ、いい休日となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。