上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19日の夜、市内のホテルで催された「超神ネイガーX'masファミリーバイキング」に家族3人で行ってきました。

s-IMGP1423.jpg

当日、ホテルに着くまで、あんまり集まらないんじゃないかと思ってましたが、予想以上の人数にビックリ!
受付のあるフロアでは、開演に合わせ、子供連れや職場のグループとか続々と集まってきて超満員の状態です!
受付に行ってみると全席指定になってて、席にはテーブルカードが置かれてるのですぐ分かりますよとのこと。

ほどなくして通路が開けられ、会場へ・・・
s-IMGP1413.jpg

会場に入ってビックリ! ホテルでは一番大きい部屋に所狭しとテーブルがセットされていて、人数がかなり多いのに今更ながら気づきました。
ホテルの方の話では、350人以上は入ってるとのこと!
前日と翌日の三日間で千人以上の方がネイガーを見たことになります。スゴイ!

まずは、バイキング料理と飲み物を調達し、ショーの開演に備えます。
最近メタボ改善のため晩酌も殆どしてないんですが、せっかくのX'masですので今日だけはいいよね!と生ビールを頼みました。
場内が暗くなり、いよいよ始まりです。
なにやら見慣れないブルー衣装のお姉さんキャラがいきなり登場して場を進行しています。
能代市の「活性戦隊ガンバルジャー」のブルーちゃんのようです。いい声してますね~!

やはり最初はお笑いのお約束パターンで、ゴンボホリーとホジーネの登場です。
しばらくして主役のネイガーが登場!
会場は拍手喝采で盛り上がります。
ネイガーからは「秋田を守る・・・」の決めポーズのレクチャーもあり、私はビデオ撮りで分からなかったんですが、会場の多くの方がネイガーに合わせてポーズをとっていたそうで、妻はそれを見て大爆笑してたそうです。

その後、初登場の未来から来たという「未来ネイガー」や「未来ハンカクサイ」、そしてネイガミなる不思議な登場人物が続々登場して会場は笑いの渦!
未来ネイガー・・結構笑えますよ!
未来から来たというストーリー設定は、下の動画を見てのお楽しみということで・・・・
(手持ち撮影のためビール飲食時間等もあり(笑)結構カットしてます。顔が出ちゃった方は楽しい夜に免じてお許しを・・)

40分弱位でしょうか?ショーは大盛況の中で幕がおりました。
最後にジオンも登場して「握手・撮影会」も行われました。

マイちゃんがいなかったのがチョット寂しかったですけど、いや~ほんと楽しかったです!
文字通り、ネイガーと一緒に一足早いX’masを楽しむことができて、思い出に残る夜となりました。

今日はクリスマスイブですね!
ショーの動画は、観れなかった方へのX'masプレゼントということで・・(笑)
では、よいイブの夜を! Merry X'mas !  へばな・・・

超神ネイガー X'masスペシャルショー   ※パソコン環境によってはコマ落ちするかも・・ 


超神ネイガー X'masスペシャルショー(?)


超神ネイガー X'masスペシャルショー(?)
スポンサーサイト
知人Hさんの生演奏を聴いてから、急にギターへの感心が高まり、少なくとも15年以上は埃を被っていたままのエレキとアンプを物置から引っ張り出してきました。
17・8年以上前に質屋で6,000円で買ったものなんですが、当時は今みたいにネットで調べれる状況に無く、アリアプロというメーカーだけの記憶しかなかったんですが、最近のジャパンビンテージの人気沸騰のこともあり、ちょっと品番とかを調べてみようかなと思ったわけです。

ご覧のように埃だらけです。これでも息を吹きかけて大分綺麗になったんですけど(笑)
s-IMGP1380.jpg

ヘッドのトラスロッドカバーにある品番から、AriaPro?のCS-350というモデルということがわかり、色々と検索したら1981年から35,000円で販売されたらしく、スイッチの配置から前期モデルのようで、Fピックアップ底にあるネックスタンプ56-003からかなり初期型であることがわかりました。

一応ここでお断りしておきますが、26年も前の35,000円程度の初心者用のギターなんて、昔はゴミ同然のところなんですが、なにやらこの時期のmade in japanはジャパンビンテージと呼ばれてるらしく、どうやらオクとかで結構取引されているようですので、ほんの4・5行もあれば終わりそうな今回のエレキレポ・・・この安ギターをいかにももっともらしく見せるかに挑戦!・・あえて独断と偏見でデフォルメしたインプレ記事にしちゃいますので、あらかじめご了承の程を・・(笑)

というわけで、このギター、ネックスタンプとネックプレートシリアルからも1981年のシロモノなんですが、一部オク出品モノを見ると、ネックプレートにMATSUMOKU(マツモク工業)刻印があるのもあるんですが、私のと同じくこの刻印がなくてもマツモク製と言ってるケースも複数あるので一応マツモク製にしちゃいます。
このマツモクなる会社は当時国内のかなりのシュアでエレキギターをOEM生産しており、80年代後半に倒産しているんですが、結構有名どころらしいです。
AriaPro?は、当時GIBSONの日本代理店もしていて、コピーモデルも完成度が高いんですが、他メーカに先駆けてこのモデルのような自社オリジナルも早くから製作してるメーカーで、他のヤマハとかグレコと比較しても決して劣らないメーカーだと思います。
高校当時は当然ギブソンやフェンダーの本物を見ることは私自身殆ど無く、グレコを使っていればなかなかの通~と言われた時代でして、ヤマハのオリジナルのSG(サンタナや高中正義が使ってたやつ)なんかも高価でしたが憧れを抱いていた時代もありました。

この安ギターですが、取り回しがよくて低価格にしては良くできたギターらしく、トーンコントロールノブを回して、ピックアップをシングル→ハムバッカー→ハイカット可変調整等切り換えが出来るスグレモノで、クィーンのブライアンメイがYourself Aliveの前奏でみせる音ような逆位相音を出せるフェイズSWも付いています。でもこれエフェクターにもあるし、実際音を歪ませれは効果があるようですが、私にはまだ違いがよく分かりません(笑)
どっちにしてもあまり操作が複雑でないほうが本当はいいんですけどね!
買った当時はなんとも恰好悪いな~なんて思ってたんですが、今となってはダブルカッタウェイの処理も案外ソツのなくスマートなボディをしているように思います。
このブームで、このCSシリーズがグレードアップ版CS-500として最近販売されたことからも、このモデルが案外好きな人がいるのかな~なんて思っています。

そこで、これをなんとか外装部分だけでもプリリペアしようと思い立ち、外装関係を全部バラし、全てのビスやピックアップのアジャスタブルポールピースの1本1本まで錆落としから磨き上げまで行いました。
s-IMGP1382.jpg s-IMGP1383.jpg s-IMGP1405.jpg

さすがに白い方のピックアップやエスカッション、トラスロッドカパーは日焼けでどうにもなりませんでしたが、ボディーや指板もワックスやレモンオイルで磨き上げし、キズや凹みが多いものの大分綺麗になりました。
s-IMGP1427.jpg

s-IMGP1430.jpg s-IMGP1429.jpg s-IMGP1431.jpg

その後、ブリッジも全部外したので、まず弦を張った後で1Fと最終Fを押さえてネック反りを確認。その後ロッドで修正。チューニング後に弦高調整。チューナーを使って各弦のオクターブ調整。ピックアップの高さ調整。等々を行い、アンプに繋いで音だし。ノブやスイッチのガリも無く殆ど異常なしでした。
s-IMGP1435.jpg s-IMGP1433.jpg

金属部分の錆を落として化粧直した安物のフェンダージャパンの小型アンプも全く異常なしで、よく長年の放置プレイに耐えていてくれたものです(笑)

来年の課題は「万年ビギナーからの脱却」・・でしょうか?!
ま、頻繁に弾くこともないと思いますが、こんなもんでも、程度が良ければまだ諭吉さんの値が付くようですので、二流好きになりに大事にしようと思っています。
今回のプチリペア編。バイクのレストアに通じるものがあり結構楽しめました。
バイクもちょこちょこ取り掛かり始めています・・・!
2007.12.18 大人のロック
最近ますますビンテージというかレトロなものに感心がいっちゃって、殆ど昭和レトロの世界にタイムスリップしているかの如くの今日この頃です(笑)

聴く音楽も、またまた昔の英国ロックを聴きたくなったりとか・・・そういう気持ちがなぜか膨らむ一方なのです。
今こういうのがプチブームなんでしょうか?
本屋でもその気持ちを煽るように関連本が並んでいるし・・・

小六か中一の頃にS&Gの「アメリカ」というレコードを買ってからの洋楽ファンで、ブログ左下に貼ってるyoutubeのとおり、60年代後半から70年代前半までの洋楽ポップス全盛期の頃が一番良かったな~なんて思ってるんですが、同じ頃に聴いていたツェッペリンやディープパープルなんかのブリテッィシュロック?ハードロック?もじっくり聴き直してみたいなと・・・
でもその頃全盛期のピンク・フロイドやキング・クリムゾン、イエス、EL&Pなんかのプログレの前衛的なスタイルが好きになれず、この方面だけは今尚聴く気になれません。多分に聴かず嫌いのところもありますけど・・。
ツェッペリンもどちらかと言えばプログレっぽい感じがしますが、やはり別格と言うしかありませんね!
パープルは理屈抜きで聴いていて気持ちいいです。確か中学の頃にNHKでライブを観てからのファンでして、どちらかといえばパープル派でしょうかね!

うんちく語りはこの辺にして、よく本屋で立ち読みしていた「大人のロック」という雑誌の新号の表紙タイトルを見て思わず衝動買いしてしまいました。

s-IMGP1407.jpg

ツェッペリンVSパープルの大見出し!そそられます。
それよりも、スプリングスティーン・クラプトン・サンタナ等々・・好きなアーティスト話題が目白押し!
特にスプリングスティーンやクラプトンの特集は個人的に見ごたえがありました。

その中で、クラプトン記事の冒頭に、来年2月末にスティーブ・ウィンウッドと3夜限りの特別ライブをやるとの情報が・・なにやら「伝説のバンド、ブラインド・フェイスの39年の時を越えた再結成である」と・・

s-IMGP1409.jpg

えっ、二人って昔一緒にやってたの?・・と無知の私はさっそく検索!なるほど昔ちょっとだけ一緒にやってたみたいです。
なぜ、この記事に感心があったかというと、スティーブ・ウィンウッドのアルバムの音が頗るいいって浜田省吾が昔言っていたことがあって、87年リリースのクロニクルというアルバムをかなり前に買ってたんです。二人の関係を始めて知ってビックリでした。

s-IMGP1406.jpg

クリプトンとジミーペイジとの深い拘わりはツェッペリンの母体のヤードバーズの歴代ギタリストということで周知のことですが、ベック、クリプトン、ペイジの三人を比べるとジミーペイジがちょっとばかり落ちるかな~なんて個人的に思ってたりするわけで・・!(失礼またウンチクが)

昔のロックの聴き直しはこれから少しずつ楽しみにしたいと思ってますが、いろんなロックを聴く中でも自分なりの拘りがありまして、普通の通の方は、先ほどのプログレやツェッペリンを支持するんでしょうが、私の場合は、ハードの中にも一小節でもいいので、メロディアスなところがないとダメみたいなんです。
昔高校当時に買ったレコードなんかでも、グラムロックのシルバーヘッドの「ハローニューヨーク」とかラズベリーズの「君に首ったけ」とか・・殆ど知ってる人いないと思いますけど、そんなの聴いてました。あとは、ドイツのスコーピオンズは初期のアルバムを2・3枚程暫く聴いてました。コアなハードロックファンとは違う路線ですね!

昔の音楽関係は割りと好きなので、こうやってマニアの如く長々と書いちゃいましたけど、どちらかといえば広く浅くのタイプのようです(笑)
なんでもありの当ブログ、気の向いたままに昔のロックを語りました。

スルーしないで見てくれてありがとうございます(笑)
続きはまたいつか、そのうちに・・・(もう結構って!:笑)

お暇な方は、「3曲目君に首ったけ」と日本人好みのスコーピオンズの「4曲目フライ・ピープル・フライ」を試聴で・・・
昨日の日曜日、いとくショッピングセンター3Fで行われた超神ネイガーショーを観にいってきました。

s-IMGP1395.jpg

よくま~飽きもせず!という囁きが聞こえてきそうですが・・好きなもので!(笑)
事前情報では、秋田のアルべでもショーがあるようでしたので、もしかして間違いかもと、妻にいとくに電話させたら、電話の女性の方が「今日はホジネー君が来ますよ~」・・だって!
ホジネーじゃなくてホジーネなんですけどね!まっいっか(笑)
ということで、もしかすればネイガー来ないかもと思いつつ会場へと向かいます。カッチャマンが来るかも?と儚い希望を胸に・・・

10分遅れで会場に着いたら、結構集まってるじゃないですか!
折込広告にも載ってなかったので、みんなネイガーサイト見てきてるんだろうな?とコアなファンに感心しきり!
s-IMGP1390.jpg

出演者は、ネイガーの代役?でジオンが!
だじゃく組合からはハンカクサイとホジーネ2匹。ホイドタガレも来てたな。
そしてなんと、大館樹海ドーム以降姿を見せてなかったクレイガーが来てくれました。
残念ながら、期待のカッチャマンは姿をみせてくれませんでした(涙)
ストーリーはとりたてて新しいものは無く、水戸黄門の如く、なんともワンパターンなところが、妙に心地よいのです。

ショーが終わると、自然にグッズ販売コーナーに人が流れます。
カレンダーでも買おうかなと思ってたんですが、我が家には家長の言うことを聞かないふとどき者がおりまして、とあるグッズを掴んだままビクともしない有様・・・
普段だと、引きずってでも帰るんですが、なにしろ親も興味があるもので(笑)、クリスマスプレゼントは無いよ!ってことで買ってしまいました。

これがそのグッズ「ブリコガン」です。ハタハタ型の銃で、ネイガーの主力武器です。
s-IMGP1401.jpg

電池式で光と音が出るスグレモノ?です。暇な方はデジカメ映像もどうぞ!


明後日は、バイキングとケーキ食べ放題の「秋北ホテルX'マスペシャルショー」があります。
役者が揃い踏みなんでしょうか?楽しみです~!
今日、埃をかぶったままの観音開きのレトロなステレオやエレキとかを引っ張り出してこようと、自宅裏にある物置小屋に入って何気に上を見たら、スズメバチの巣を発見してしまいました。
大きさは直径30センチくらいでしょうか。

s-IMGP1385.jpg

この小屋、かなり古いんですが、二階建ての丸太の合掌造りで天井が結構高く、つい見逃してたようです。
でも、不思議なことに、昨年も同じ所とちょっと離れた所に巣があって、夜中に完全武装で駆除したことがあり、今年も春から夏にかけて注意して見てたんですが、その時は何も無くて安心してたので、いつ造ってたのハチさん?・・と何とも狐につまされたようです。

ご覧のとおり、外の造作が剥がれて出入り自由の状態ですので、ハチさんにとっては願っても無い好条件のようです(笑)

冬ですので、巣の中にハチはいない?とは思いますが、ちょっと慎重に駆除しようかなと思っています。
あ゛~また余計な仕事が・・・(笑)
2007.12.15 神の魚
秋田音頭♪・・八森ハタハタ、男鹿でおがブリコ~ あ~ソレソレ・・!
と歌われている、秋田名物のハタハタは秋田県の県の魚にも指定されています。

一昨日、帰宅したら、ハタハタを買ってきてて、ちょうど雌と雄に区分けしてしていたところでしたので、携帯で写真を・・・
s-NEC_0055_20071215160817.jpg

今年の初物はすでに食してましたが、なぜか小ぶりで(後でわかりましたが、初漁の魚体があまりにも小さ過ぎて、資源保護のために大きいのが接岸するまで数日間禁漁されたようです)食った気がしませんでしたが、今度のは画像では分かりにくいですが、20センチ以上はあります。左が卵を抱いた雌です。

発泡スチロールの箱を二つ買ったようですが、一箱3,000円と高値でした。
思い起こせば、私が小さい時分は、今よりももっと大きい木箱に入ってて、金額も数百円程度で、感覚的にはタダみたいな魚だったんです。実際、ハタハタより木箱が高かったなんてことは秋田県民は誰でも知ってる話。
そうしてあまり獲り過ぎた結果、1980年代に入ってハタハタが全然獲れなくなり、資源保護のためにかなりの間禁漁が続き、一転して高級魚の仲間入りに・・・
一時は、一匹あたり、キンキンより高かった時期もありました。
その後禁漁の成果によって捕獲量が昔の状況までに回復し、今ではまた庶民の魚として秋田県民にとっては欠かせない魚となっています。

一般にハタハタは漢字では「鰰」(魚偏に神)と書きます。
なんで神の魚なのかわく分かりませんが、実際食べてもこれほど美味しい魚は他にないと思えるほど美味しいです。というか、他に美味しいさかなは数ほどあれど、毎日食べても飽きないというばハタハタしかないように思います。
実際、昔は毎日といってもいい位食べてましたが、それでも飽きないんですねこれが(笑)!
焼いても、煮ても、漬けても、なんでもござれです。
卵は「ブリコ」と呼ばれて、これがまた珍味で、身よりもブリコが好きな人がイッパイいます。
超神ネイガーの「ブリコガン」もここからきてるんですよ~!
漬けて保存したブリコもまた美味しくて、卵の皮がゴムのように硬くて、噛むとあごが疲れるくらいになるのがまたいいんです(笑)

今日も母が4キロ位買ってきました。まだまだ足りませんので、地元ではもう少し安くなったときに、大量に買い込み、これを漬け込んで、雪が消える頃まで神の魚を楽しむのです・・・

ということで、秋田県民にとってハタハタは、神のように有り難い魚なんです。これで神の魚というのかな?・・・なわけないよね!(笑)

ハタハタといっしょに買ってきた「よっちゃん」イカです。
s-NEC_0056_20071215160834.jpg

ウチではコレよく食べるんです。
同じHNを持つお方を存じておりますので、ちょっと洒落で・・・・(笑)
最近記事によく出てくるイーハトーブトライアル大会常連の知人Hさんと、一昨日の夜に軽く夕食をとりながら、楽しい語らいのひとときを過ごしました。

彼とは、職場も数百メートルしか離れておらず、かなり前からの付き合いですが、今夏のイーハ大会で偶然出会ってからお互いの関係がまた一歩前進。その後彼のギター生演奏に誘われたり、イーハのDVDコピーをいただいたりと親しいお付き合いさせていだだいてたんですが、やはり「今度ゆっくり会ってバイクやギターの話ししよう」という流れに。その約束の語らいの時間をずっと楽しみにしてましたので、約2時間半、酒も入らないのに妙に盛り上がり、色んな話をしました。

彼の話がまたビックリの連続で、開口一番 「TL関東のtr-133さんとさっき電話で話したよ」・・・と! え゛~なんで?・・いまひとつ事情を飲み込めない私(笑)・・
なにやら、かなり前にイーハトーブ大会で知り合ってからのお付き合いとのこと。彼がウィング丸山スペシャルを買ったのもtr-133さんが乗ってたのをみて、その後直接丸山さんとこに行って購入したようです。
サミーミラースペシャルのことも知っていました。が、私がブログでtr-133さんとお付き合いしていることは分かってなかったようで、私が丸山スペシャル話題で話している人がいるということを聞いて、もしかして・・・と思ったらしいです。
いやはや、私もビックリですが、tr-133さんもさぞかしびっくりされたんでしょうね!
ほんと世の中狭いものです(笑)

その後、彼のバイクコレクションやギターコレクションの凄さにまたまたビックリ!
バイクはトライアル車以外にも大小イッパイあるみたいです。
今までは125ccは小さすぎて乗る対象になかったようですが、近頃125の4ストにも興味が沸いてきたらしく、来年のイーハには4ストで参戦するみたいです。

バイクはいずれ彼の家に遊びに行ったときに画像で紹介させていただくことにしますが、ギターもマニアで、アコースティックやエレキのいいのをイッパイ持ってるようで、30年前に初めて買ったブルーベルが当時10万。今では30万位のクラスのようで、その後段々いいモノを収集するようになり、一番高いのがヤマハのLL55で購入当時70万とのこと!・・・あ゛~凄すぎます~!
これっていったいどんな音がするんでしょうかね?・・・諭吉さんが70人で賛美歌でも・・?んなバカな(笑)
でも一度聴いてみたいです。きっとサスティンの効いた鈴鳴りの音がするんでしょうね!
でも、桁が違いすぎます。私も高校入学祝いの定番!フォークギターを高1の時に買ってもらいました。モーリスの18000円の安いやつでした。
当時は上手いやつは4・5万位のを持ってたんですが、庶民には高値の花!
そのトラウマか?今もギターだけは高いのは音がいいのは分かってても買うには勇気がいります。モーリスはその後友人に譲って、二十歳頃にヤマハのFGをこれも安い25000円位(笑)のやつを・・・なにせ音がイマイチなんですが、私のようなローフレットだけジャカジャカやってる万年ビギナーはこれ位が関の山!今はかなりの間物置でホコリを被っている有様です。
でも、この間のHさんの生演奏を聴いてまた弾いてみたくなりました。それで、私のブログテーマのレトロ指向に基づき?モーリス旧ロゴの37年前のw-23というのを数千円でオクで買っちゃいました。また懲りずに安物買いを・・この癖はもう直らないんでしょうね(笑)
そういえば、20年近く前にもアリアプロ?のエレキを質屋で6,000円で買って安物アンプと一緒にホコリに埋もらしたままにしています。どうせ安物でしょうが引っ張り出して型番とか見てみようかなと思っています。(桁が違いすぎるので、気遅れして彼には話出せませんでした:笑)

ありりゃ、余計な話を・・・
話を元にもどして、そのようにマニア系の彼ですが、他にスキューバやスキーもやるし、キャンプも大好きなアウトドア派なんです。
自称アウトドア派の私とどうやら話が合いそうですね!

来年のイーハのことやトライアルの練習のこと。・・ほんと話はつきませんが、彼の家まで1時間以上かかることもあり、この続きは次回またということで帰路につきました。
ほんと有意義な時間でした。大満足!
それに、彼からのプレゼントが!

今年のイーハ大会の参加規則書と岡崎倫典のCDコピーです。
s-IMGP1384.jpg

そして、私の息子のためにと、家にあるホンダQR50を今度遊びに来たときに車に積んでいってと嬉しいお言葉!
本当にあがとうございます!ヤッター(笑)

彼はいつも見ても穏やかです。前に仏様のような・・といったことがありますが、ほんとそういう表現しか思い浮かびません。
これからのお付き合いがますます楽しみになりました。
肝心なことを忘れておりますた~!
っても大したことじゃないんですけどね・・

そう、秋田県民のヒーロー「超神ネイガー」が一昨日の「秘密のケンミンSHOW」という番組に登場したんです!

   03.jpg

ネイガーフリークの我が家では、当然朝からその話題でもちきり!
夜9時にはTVの前で万全な体制で待機しているはずが・・・あ゛~見逃してしまいますた~!
なんてこった・・・!

実はその時間に仕事で運送屋まで行ってて、急いで事務所に戻ってしばらくかじりついて観てたんですが、一向に登場しないわけで・・・ということは、もうやっちゃったの? ハイ、すでに終わってました。という悲しい結末となっちゃいました。トホホ・・・

翌日に妻からあらすじを聞きましたが、毎週土曜日朝9時23分から5分間の放送時間になると秋田では人がいなくなるとか、この番組の視聴率が15パーセントもあるとか、幼稚園や老人ホームにネイガーが現れるとみんな知ってて大喜びだとか・・・等々

なにやら話が大分誇張されてるようにも思うんですが、当らずとも遠からずといったところでしょうか?本ブログでも度々紹介しているとおり、実際かなりの人気があります。

今回、全国放送でこれくらい大きく取り上げられたのは初めてのことだと思います。
県外の方でこの放送を観た方いらっしゃいますかね~?

例の毎週土曜の5分番組は、妻の実家のハードディスクにほぼ全話録画してもらってますので、後で永久保存版ディスクを作ってもらおうかなと画策しております。

でも観たかったな~!

ps:ヤフーブログ検索のキーワードランキングの5位になってますた。なんともビツクリ・・・!
毎日覗いている「ザ・キット屋/店主のひとりごと」の12/6の日記が、私自身への問いかけ?みたいに思える位に自分の心に響いたもので、よかったら覗いて見て下さい。

バイクをはじめ、嗜好の世界って人それぞれの拘りがあるものと思ってますが、最近ネットの普及も一つの要因なのか、店主曰く、どうも自分なりの価値観すら情報のみによって選択しようとする風潮が強くなってきていて、ちょっと違うんじゃない~?もっと亜流で行こうよ!・・みたいな内容のことを書いています。

自分も多少の拘りの中で生きてはおりますが、あっちへホイ!こっちへホイ!みたいなところが多分にありますので(笑)、もっと自分の価値観で楽しもうかなと・・・

でもこの店主相変わらずいいこと言うね~!
忙しいと言いつつ、また記事を書いてるわけで・・・・・!

25年ぶりにヘルメット購入しました。

s-IMGP1372.jpg

ホンダ JJ1 ビズビー というやつで、大型スクーターに合わせたデザインらしく、TL東北の同志の方が一時保有してたものと同じもののようです(デザインも一緒?)が、その時はあまり気にかけてなかったんですが、メット選びを進めていくにつれ、このタイプに次第に感心が・・!

安くて・ビンテージ風ということでこのようなダックテールタイプ?を選んだんですが、アライやショーエイのトライアル用のジェットタイプは高いし、OGKのテリオス?も安くていいけど割りと皆さん使ってるし・・と、要するに何個も買えないので、取り外し自由のイヤーパット付きで寒さ対策・耳の保護(OGKの似たようなタイプは寒いとき辛そうで・・)が出来るし、大型車対応ということで、ツーリングやトライアル遊びの両方に使えそうだったんで、まずはこれで行こうかなと・・・!
安全のためにはジェットタイプがいいのは分かっているんですけどね・・

サイズはMにしたんですが、このタイプはほんの少しきついかな~位がいいと思うので、アタリが出ればちょうど良くなる感じがします。

バイザーもピーコックタイプを着ければビンテージ風になるんでしょうが、めがね猿(乱視で信号機やお月様がダンゴ三兄弟・・笑)には、どうしてもシールドが欲しいところで、ライトスモーク(グラデーションタイプ)をフリップアップベースを介して取り付けてみました。
賛否両論分かれるところでしょうが、自分がよければそれで良しと・・・(笑)

s-IMGP1374.jpg s-IMGP1377.jpg

ちなみにヘル本体は30パーセントoffで9000円台でした。
命を守るヘルメットにお金を渋るのもなんですが、懐事情には勝てません・・(笑)

安全話題でもうひとつ・・
昨日、6歳違いの妹が車にはねられました。

こうして記事を書いてるということは、大事に至らなかったんですが、一つ間違えば命に拘わる事故でした。

小学生の息子を迎えに学校の校庭付近を歩いていたら、軽ワゴンがノーブレーキで後ろから突っ込んできて、目撃者の方の話では少なくとも5メートルは飛ばされたようです。
その方がすぐ救急車を呼んでくれたらしいんですが、到着までの間はあまり痛みはなかったものの、廻りの勧めで安静に横たわっていたそうで、一応精密検査ではどこも異常が無くて安心したんですが、今日になって首が痛くなったようです。
目撃した方はもっと大怪我したと思ったらしく、どうやら当った箇所が良かったのと下が土だったんで軽症で済んだらしいとのことです。
運転手は孫を迎えに来たおばあちゃんで、前を歩いているのを気づかなかったようです。なんとも信じがたい話ですが、まずは軽症で済んでよかったです。

日常生活では、いつ被害者・加害者になっても不思議でないですから、常に気をつけなければと今回のことで改めて思いました。 
やれやれ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。