上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週土曜朝9時25分から5分間放映されている「超神ネイガーvsホジナシ怪人」が、今日の第26話をもって終了しました。

今日は最終回とあって、ネイガー一座勢ぞろいです。カントウマンもちゃっかりと。。
なぜかハンカクサイも中途半端にいい人になっています!。。。

今までの放映分は来月発売のDVDの高画質で観れるんですが、やはりTV放映が終わるということに一抹の寂しさが...

ネイガーの活動再開までの約1ヶ月間。じっとガマンです。。

では、今日の最終回を...
超神ネイガーvsホジナシ怪人 第26話 「もったいない、に豪石!」

スポンサーサイト
実は当ブログの15日の記事「 ビクターキットスピーカー製作記」が、ザ・キット屋の「キット屋倶楽部」で紹介されております。

このキット屋にはトップページだけで1日2万件、トータル1100万超えのアクセスがあります。
そんな人気サイトで紹介いただくとはなんとも光栄なことです。
ちょうど店主の大橋さんも超ハードスケジュールで体調を崩されていて、お互い無理しないで頑張りましょう..みたいなメールのやりとりもさせていただきました。

ザ・キット屋は愛知県にあるトヨタ系列のサンバーレーという会社なんですが、現在開催されている"オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ"にも国内外の名だたるメーカーといっしょに出展しています。
ブース両隣は「ラックスマン」と「マランツ」です。

既存のオーディオメーカーや真空管価格の相場にも影響を与えつつある、数名で運営されているこの会社、依然として注目かと。。。
なにやら、秋田と東京で「んだTシャツ」なるものが出回ってるらしい。。
しかも売れてるらしい。。。

これが「んだTシャツ」だ!
TKY200803210334.jpg

ネイガーの「ほじなし」Tシャツのパクリのような気もするが...んだんだ!

でも、これもインパクトあるな~!

ちゃっかり買ったりして~?(笑)
SoulJaのヒット・ナンバー“ここにいるよ feat.青山テルマ”へのアンサー・ソング、“そばにいるね feat.
SoulJa”が目下スマッシュ・ヒットを記録中の青山テルマさん。。

波に乗る彼女が待望のファーストアルバム『DIARY』を昨日リリースしました。。。

00000761825L.jpg


そしてまたここ秋田にも、DVDリリースやらフィギアやらゲームやらと波に乗りまくっている「超神ネイガー」というローカルヒーローがいます。。。

今が旬のお二人が、この度同じステージに立つことになりました。凄すぎませんか~?!
っても、コレなんですけどね!

♪ここにいるよ feat.青山テルマ
♪豪石! 超神ネイガー

「太鼓の達人」の中とはいえ、同じ土俵に上がってしまった「ネイガー」...

これで正真正銘の全国デビュー...って感じがします!


紹介ページの画像を拡大すると、右の太鼓の斜め右上に「ここにいるよ feat.青山テルマ」ってちゃんと書かれてますね!


1205737954_photo.jpg

2008.03.22 近くの公園
今日はとても天気が良く、日中の気温も18度くらいまで上がり、絶好の散歩日和となりました。

今月の初めに体調を崩し、これからはメタボ体質改善が私の生命線(笑)となったこともあり、お散歩に講じようと、お昼過ぎに、近くの「二ツ山総合公園」に家族とともに出かけました。
IMGP1680.jpg

IMGP1673.jpg

IMGP1665.jpg

ここは以前紹介した別の近くの公園と逆の方向に車で5分のところにあり、気軽に日向ぼっこするには最高の場所です。
まだ新緑には遠く、セピア色の風景ではありますが、ぽかぽか陽気に誘われてか、家族連れで賑わっておりました。

長いローラー滑り台やアスレチックな遊び場、休憩所、散策路、神社、総合運動場、テニスコート等々、いっぱい!
IMGP1683.jpg IMGP1667.jpg IMGP1668.jpg IMGP1672.jpg IMGP1671.jpg IMGP1686.jpg
IMGP1688.jpg IMGP1687.jpg
画像付け過ぎ?(笑)

私は、このエリア一円をポカリを持って散歩し、チビは妻と一緒に遊んでいます。
チビは滑り台に10回以上も乗ったそうで、いつもどおり馬鹿みたいに走り回っていたそうです。

テニスコートに隣接して、私が通った高校(今は移転)のグランド.校舎があります。
IMGP1689.jpg

今は荒れちゃってますが、この300Mトラックは汗と涙の思い出が一杯詰まった場所です。
1日にここを何十周してたんでしょうかね?それを3年間も。。
立ち入り禁止になってますが、ちょっと1周ほど回ってみました。
31年前の自分と重なります。そして体重27キロ増が時の長さを物語ります。。。

公園のすぐ手前には喫茶店もあり、2階から公園の風景が一望できるようです。
IMGP1695.jpg

ここの公園、近くていい処です。
久々のバイクネタです。

知人Hさんが、以前自分が購入し、今はバイク物々交換等で高校時代の友人宅にある「ウィング丸山スペシャル」を、23日のTL東北のミーティングに持っていくために、能代市二ツ井地区を訪ねるとのことで、20日に一緒に行ってきました。

この二ツ井地区は、大館市から能代市へ向かう国道7号の途中に位置し、自宅から30分の距離にあります。
そこから途中右折して10分くらいでしょうか、世界遺産の白神山地の麓まであと7・8キロのあたりに、そのバイクが私たちを待ち受けておりました。

Hさんのご友人と挨拶を交わし、しばしバイク談議をしながら、初めて見るバイクに見入りました。

丸山さんが7台製作したこの「丸山スペシャル」は、ログトモの関東TLのぷーたとうさんのブログの記事とコメントのなかで、以前このうちの1台を所有したことのあるtr-133さんが「東北方面に三台現存するそうですが、残りは甲信越と中部に一台づつだそうです〜残り二台は不明?」と近況を報告してくださっています。

そしてHさんとtr-133さんは旧知の仲でもあり、この丸山スペシャル購入のきっかけがtr-133さんとのこと。。(私のブログ記事参照

ではこのスペシャルバイクの画像を。。
IMGP1660.jpg

IMGP1661.jpg

IMGP1662.jpg 

IMGP1664.jpg

東北ミーの前に詳細をご紹介しちゃうと、楽しみ半減でしょうから、この位で。。。

いかがでしょうか?
2年位エンジンをかけてなかったとのことで、楽しみにしていたエンジン音は聴けませんでした。
きちんとメカチェックし、少し綺麗にして23日に皆さんにお見せしたいとHさん。

ご友人、ヤマハのSRXを2台(画像のものと前期型)他数台を所有とのこと。
IMGP1663.jpg

Hさんも結構持ってるようです。RTL250Sとかも。。

今回は仕事で東北ミーに参加できませんが、ぜひ好天に恵まれた楽しい一日であって欲しいものです。
IMGP1654.jpg

前に買ってた「大人のロック」特別編集は、ビートルズのいわゆる「赤盤」「青盤」アルバムの青の時代(1967~1970)の真実と題し、永久保存盤的記事が目白押し。

ビートルズに魅せられたミュージシャンや著名なアーティスト達のこだわりの文章も随所に散りばめられています。

ジョンとポールのことはもういいでしょう!

と、私の偏りは、おのずとジョージの方向へと...ちょと強引?

敬愛する「燻し銀ジョージ」の曲が注目されてきた青の時代。
ビートルズ史上最高と称されることの多いアルバム「アビーロード」に、ジョージの曲が2曲入っています。「サムシング」と「ヒア・カム・ザ・サン」です。いいですね~!(嬉)
別のアルバムの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」もいいですね~!(嬉)

ヒア・カム・ザ・サンの曲解説で、「これだけ独自の音楽を確立しながら、2曲しか発表の場が与えられなかったことへのストレスは相当だったろう」...な~んて言ってますけど、ほんと同感です!

ビートルズ解散後、ソロでの大ヒット曲「マイ・スウィート・ロード」
当時は盗作疑惑のあった曲で、リアルタイムで聴いてた思い出の曲です。
そんなソロでのジョージについて、イラストレーターの本秀康さんがコラムしてます。
IMGP1658.jpg

特に印象に残った言葉..「ジョージはビートルズ時代からビートルズじゃない人だったのかもしれない」。。ん~わかる!

彼が1970年に発表した3枚組のアルバム「オール・シングス・マスト・パス」が無性に聴きたいです。CDにもなってるようだし...

ついでに...なんて言っちゃ失礼でけど。。リンゴのことも...
IMGP1659.jpg

文は、隣町出身で高校は我が街に通ってた大間ジローさんが書いてます。
一時俳優もやってたけど、今どうしてるのかな~リンゴ...

特別編集は1500円とちょっとお高めですけど、永久保存版としてはなかなかの秀作かと。。。
昨日の秋田県全域で読まれてる新聞に、東京池袋で開かれた「小林多喜二の文学を語る集い」の記事が掲載されておりました。

なにやらファンの青年や日韓の研究者らが集まって語り合ったらしく、参加者は900人を超えたそうです。

ところで、小林多喜二って誰?...って(笑)

はい、ちょっと解説を...

「蟹工船」とかで知られるプロレタリア文学の作家で、昭和8年に東京築地署で29歳の若さで特高警察の拷問にて獄中死しています。

明治36年、秋田県北秋田郡下川沿村(現大館市)に生まれ、4歳で小樽に渡るまで、ここに住んでいたそうです。
生家の前には、幼少の頃登って遊んだという木が今も残っています。
大館駅と早口駅の間にある下川沿駅の前には生誕碑もあって、今でも毎年記念行事が行われたりしています。
最近では国際シンポジウムなんかも開かれたりして、国内外には根強いファンの方が結構おられるみたいです。

なんで、私がこの方を...ってことですが、
場所が特定されちゃいますが、生家がウチのすぐ近くなんです。
叫ぶと聞こえそうな感じ。

私が中学の時には映画にもなりまして、多喜二を山本圭が、恋人役を中野良子が演じ、母校のまん前にある下川沿駅でロケもしたりしてたし、実際にその映画も見たので、割とこの方のことは知っておりました。
さすがに本は読みませんでしたけど(笑)

同じ文学でも、ちょっと左ぎみですので、なかなか入り込めないんですが、我が郷土で生まれ、戦争前に既に死んでる方が、今もこうして注目されてるってことを新聞記事で知り、ちょっと嬉しくて記事にしてみました。
2008.03.15 FOLK LIFE 倶楽部
今月初め頃、ついつい買ってしまった「FOLKLIFE倶楽部」という雑誌の創刊号
IMGP1646.jpg

表紙に浮かぶ、フォーク世代にはたまらない大御所たちのお名前

久々に日本のフォークをじっくり語る、読み応えのある本が出たもんです

その名だたる先駆者達の記事は、なぜ今になってこんな本が出されるのか? の答えが隠されているようなディープでコアなものばかり

でも、今日は自分の好みでひとつだけ詳しく紹介します
多分に偏ってますけど

本中に「フォーク名盤100選」というのがあります
IMGP1647.jpg

1967年~現在までの日本のフォーク史の中で、選者が100枚のアルバムを選んでいます

1976年からの選出6枚の中に、浜田省吾1stアルバム「生まれたところを遠く離れて」が入ってます
IMGP1649.jpg

誰が選者なのかわかりませんが、かなりベタボメですね

このアルバムではソロ1stシングル曲「路地裏の少年」について触れてます

ハウンドドックの大友康平が、仙台でアマチュアバンドやってた時にこの曲聴いて、プロになろうと東京に出てきたのだそうです
と、昔の省吾のライブのパンフレットに書いてました

この偏りの流れは想定の範囲かと(笑)
次回は「大人のロック第2弾 ビートルズ」??

でも、この本買いです
ウッドコーン

以前の記事で、「ビクタースピーカーキットSX-WD5KT/ザ・キット屋バージョン」購入をご紹介してから、だいぶ時間が経過しましたが、先月末頃からようやく製作に取り掛かり、この度完成しましたので、本品の製作記をUPすることにしました。
まだ体調が滞空飛行してますが、久々に更新してみました。

ABS秋田放送で絶賛放映中の「超神ネイガーVSホジナシ怪人」がDVDとなって全国のローソンから発売されるお話はもうすでにご周知のことと。。

ここは当然のごとく、一週間ほど前に予約しました。

IMGP1635.jpg

代金前払いです。4月25日から引換票で商品を受け取れるようです。
映像時間は約40分。
楽しみです。。

関係のない話ですが、ABSは独自でTV通販もやってます。
その名も...
  gathering_logo0801.gif
ネイガーといい、最近いい意味でくだけてきてますね~ABSさん。
2008.03.01 4ミニ絶版車
4ミニ好きのためのマガジン「モトモト3月号」の特集でTL50バイアルスが載ってたので購入。

IMGP1611.jpg

「4ミニ絶版車大図鑑」と題し「縦型と横型」に分けたトータル7ページのミニ特集ですが、まずTL50がこうやって載ることが珍しい。
バイアルス125やイーハトーブも載ってます。

絶版車の中でももシャーリーやダックスは未だに現行車と肩を並べて人気があるようです。
恐るべし絶版4ミニ。。。

モンキーやAPEの人気は周知の事実。
我がTL50は絶版4ミニの中では異色を放ってるかも。。。
ギタリスト岡崎倫典さんの特定ファンへ情報発信される「Ryndom NEWS」なるものがあるらしく、数日前に知人Hさんから最新のものをいただきました。
その中で、倫典さんがレギュラーやってる木更津FMの「Heartful World」についての情報を抜粋!

*******************************************YouTubeで木更津エフエムの「岡崎倫典のHeartful World」の生演奏シーンが見れるようになれました。以前から「“YouTube”」で公開したい」と計画中でしたが、ついに今回から生演奏を撮影、しかし「マイクが邪魔で入って手元がうまく写せない・・・」と苦笑のプロデューサー。次回もどうぞ楽しみに。余談ですが、「Heartful World」のアクセス数は木更津エフエムで第2位、だそうです。それを聞いたRynten氏「第2位!?う~む、やっぱり1位じゃないといやだ!僕もアクセスするゾ!」だそうです。
*******************************************

倫典さんのがギター講座みたいな番組のPRの感じですが、なかなかのレア情報です。
YouTubeはこの番組製作側のお墨付きのようですので、ブログ等でも紹介してもいいようです。
関心の無い方には退屈な映像かも知れませんが、↓にURLを!
http://jp.youtube.com/watch?v=HQu-18_0514
http://jp.youtube.com/watch?v=VhQT2lq5Cfc

誰が言ったか「アコギ・インストの神様」といわれる倫典さんですが、先日のNHK「SONGS」の甲斐よしひろさんの安奈でコラボした押尾コータローさんの師匠です。
前に11月10日の秋田市でのライブ映像をHさんに見せてもらってて、その時にやった「22才の別れ」が入ってる付録CDが聴きたくて「アコースティックギターマガジンVOL35」をもう1ヶ月近くも前に買ってたんですが、この本の表紙が押尾コータロー...

本号では彼の新アルバムリリースの特集が組まれています。
IMGP1610.jpg

今回のアルバムでは、ウクレレ奏者のジェイク・シマブクロさんとセッションした2曲をハワイで録音しています。
そのうちの一曲がビートルズの「IN MY LIFE」...
私の一番好きな曲です。

この押尾さんの新作もぜひ聴いてみたいです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。