前に80年代に聴いてた中原めいこのCDのことを書いたんですが、その当時によく聴いてた他の2枚のCDもそのうちにご紹介...なんて書いてたもんで、気が向いたので(笑)ちょっとばかし!

どうでもよいことをさも大げさに書いてますので、関心の無い方はいつも通りスルーの方向で(笑)...

いまも大好きな2枚のCDです。
IMGP2318.jpg

浜田省吾のSand Castleと杉山清貴&オメガトライブ Single's Historyです。
どちらも、たまらなく好きです。


Sand Castle(サンド・キャッスル)は1983年12月1日発表のバラードセレクション
ストリングスを多用した星勝(元モップスで、井上陽水の昔の楽曲の殆どの編曲担当)佐藤準氏のアレンジが素晴らしいです。今なお色褪せることのない美しい名作アルバムだと思っています。
この盤は、デジタルリマスター盤です。
初盤も持ってますが、音が薄っぺらでしたので、多くのファンがこれを待ち焦がれていたと思います。
なおかつSACDですので音は抜群にいいです。
音のマイスター・吉田保によるミックスの美しさとともに深みのあるドラムスネアの音が際立ちます。

最近、デジダルリマスター(リマスタリング)された復刻CDがよく出回るようになりましたが、いい傾向に思います。
なんといっても音がいい。これに尽きますね!

25年前に妹に薦められたこのアルバムによって浜田省吾を知りました。
自分が死んだ時にはこのアルバムだけは一緒に棺に入れて欲しいと思っています。マジで!
本当の意味でのマイフェィブリットCDです。


杉山清貴&オメガトライブ のSingle's Historyは1985年10月23日発表のベストアルバムです。
彼等の一番輝いていた頃の珠玉の曲が集められたアルバムです。
杉山清貴はシンガーソングライターじゃないんですが、彼の歌声と楽曲の良さで自分としてはかなり好きな1枚です。
お気に入りは「君のハートはマリンブルー」...。


当時はLPを貸レコード店から借りてカセットテープにダビングして聴いてました。
その後CDの時代になっちゃいましたが、探したら当時のテープが残っていました。
浜省のはもっとあったはずですが...
IMGP2416.jpg
IMGP2417.jpg

CDからテープにダビングしたものです。ちょと恥ずかしい。
妹が買ってた浜省の音楽テープ「fathar's son」もありました。懐かしいです!

1983年~1985年にかけての3枚のCD!
今でもよく聴いてます。飽きません(笑)
2008.07.26 新道山にて
先週のお休みに、我が家のちびノース1号と近くを散歩しました。

中学校の裏手にある「新道山(しんみちやま)」に登ってみました。
NEC_0149.jpg

何十年ぶりでしょうかね?
小学、中学の頃はここでよくスキーしたもんです。
てっぺんには戦没者の慰霊碑が建っています。
NEC_0151.jpg

ABSラジオの電波塔が立っています。
NEC_0150.jpg

もう一方には前に紹介したことがありますが、秋田市の霊峰「太平山」と地元「田代山(岳)」の山岳信仰の象徴が祀られています。
NEC_0153.jpg

鳥居からは急な階段を登ります。
NEC_0154.jpg

冬になるとこの階段のてっぺんからヒップスキーなる肥料のビニール袋にわらをいれただけのもので、リュージュみたいに滑り降りて遊んだものです。
昔はまだ階段とか無かったですけど、結構急でスリル満点でした。懐かしい~!

鳥居の横に記念碑があります。
鳥居とかを新しく建てた当時?に信仰してた家の名前が裏に彫ってあります。
一応信仰していることになっている我が家の名前も書かれてましたが、なぜか曾爺さんと爺さんの二人の名前が...なぜ?

地元ネタでした。
2008.07.26 古代米アート
20日ぶりの更新です。

いつもの散歩道の通りにある「田んぼアート」が見頃を迎えています。
IMGP2523.jpg

黒く字が浮かび上がってるところが、古代米を植えたところです。
今年の5月に札幌市の中学生が修学旅行で我が町に来た折りに田植えをしたらしいです。
掲載記事
IMGP2525.jpg

毎年、大館市にちなんだ文字を描いていますが、今年は「天然記念物 比内鶏の里」だそうです。
すぐ後ろがパイパスなんですが、のり面が低くいし観にくい場所にあるので運転中に簡単に見れるというわけには参りません。
思いっきり引いてもご覧のように文字がフレームに収まり切れない、中々のカメラマン泣かせの場所です。
あろうことに禁断のkawasakiに手を出してしまいました。

それも2ストローク!
エンジン型式 TJ27

TL50というものがありながら....浮気か?!


説明書にはこう書いてあります。



     

自然な姿勢で、しっかり握れる!


パワフル 排気量 26.3cc


らくらく 軽引きスタート


チップソー付き 本体重量4.9kg...ん?


住宅まわり  駐車場まわり  工場まわり
倉庫まわり  田畑のあぜ   空き地・土手...もしや?


はい、川崎エンジン付刈払機
商品名 EXCELLENT KW270A        で~す!
IMGP2460.jpg

あはは!こんなオチですいません!

今まで使ってたのが最近不調で自分でo/hもしたんですが回復せず、修理に出すより新品買ったほうが安いかなと、2万円を切る安いやつを買っちゃいました。

ホンダやマキタあたりの4サイクルも安いのだともう1万円も出せば買えるんですが、4サイクル使ってる人あまりいないので、無難な2サイクルということに...
IMGP2462.jpg

ところで本体の色が赤なんですけど、これってどうなんでしょうか?(笑)
一応カワサキのエンジン載せてるだけで、メーカーは別会社だし、草刈機の色がライムグリーンだと、カメレオンカラ~になっちゃいますからね!逆に目立たない!!(笑)

さっそく使いました。
カワサキだけにジャジャ馬かと心配しましたが、普通の草刈機でした!!
へんなところで安心!いやガッカシかな?(笑)
2008.07.03 郷土博物館
6月22日に市の郷土博物館に行ってきました。
前日は秋田県立博物館へと...
いったいどうしたんでしょう。。

初めて行ったんですけど、それなりに楽しめましたよ!
来館者は私お一人様でしたので..ゆっくりと

外には小林多喜二の石碑がありました。
館内に入り、わが街で有名なもの(大館三鶏・曲げワッパ・花岡鉱山・著名人・歴史・美術品等々)の展示を順番に楽しみました。

やはり鉱山の町ですからね!
花岡鉱山はすでに閉山してますが、「花岡事件」という過去を未だに引きずっています。
数日前にも慰霊式が行われてたようですが、戦争当時、花岡の山を越えて逃げて来た中国人が捕らえられたところを当時小さかった父が見たそうです。

またまた画像をスライドショーでご紹介しちゃいますけど、こんなのに関心の無い方は見ないほうがいいかも知れませんね!途中で飽きます(笑)
では...

Video: 大館郷土博物館見学記
2008.07.02 SNAP×SNAP×SNAP
もしかしてスマスマ?って思っちゃうような↑のタイトル!

実は「モトモト誌」の拘りのバイクのスナップを紹介するコーナーのタイトルでして、7月号は「モンキーミーティング」と「ホンダクラッシックバイクミーティング」の会場から自慢の愛馬がオーナーとともに全71台紹介されています。
s-IMGP2454.jpg s-IMGP2455.jpg

そのうち「ホンダクラッシックバイクミーティング」編4ページの中に関東TLのお仲間が3名載っちゃってることを、よっちゃんが関東TLの掲示板で紹介していたのを見て、この本はもともと(モトモト:笑)よく買ってた本だし、こりゃぜひ記念に買わないわけにはいきますまい..と買ってたものです!
すでに3週間もたってますが、ちょっと時間差攻撃もいいかなと...本日ご紹介しちゃいます。

お一人目は「みんせい」さん
TL125バイアルスK0です。
s-IMGP2446.jpg

昨年のイーハトーブ大会で初めてお逢いしました。
とても紳士的なお方です。
今年のイーハは「ヒームカクラス」に出場です。
写真のグリーンのジャケットはバイクに合わせてコーディネートされたようですが、誰も気づいてくれなかったと残念がってました(笑)
今は八ヶ岳のログハウスにいらっしゃるのでしょうか?...

つづいて「森2号」さんです
TL125イーハトーブです。
s-IMGP2447.jpg

ほとんどビョーキです(笑)
このバイク、昨年のイーハで拝見しましたけど、実物を見ちゃうとなぜか笑ってしまいます。
人間凄いものを見ると笑っちゃうものなんですね!
今年もみんせいさんと一緒にコンクールドエレガンスとヒームカ出場です。
今年の出展バイクを今必至に製作してると思います。ガンバッテ~!...

最後に「まっちゃん」さんです
TL125バイアルスです。
s-IMGP2449.jpg

ロードレースやってたんですね!
まだお逢いしたことはありませんが、1ヶ月ほど前に伊豆の山頂からのお電話でお話いたしましたね!
嬉しかったです。
昨年は相模川から、タオルを首に巻いたお姿でエールいただきましたね!
とても他人とは思えませんでした(笑)!

お礼に一曲!

♪やんだ たまげたな
  きゅうに何言うだ
   おらも前から まっつぁん
    好きだと思ってた
           鍬を持つ手がふるえてる
            鎌を持つ手もふるえてる
             二人の心は 沈むゆうしに
              真っ赤っかに染められて
     おらでええのか
      おらおめえでええてば
       愛の花咲く 麦畑~               オヨネーズ「麦畑」より

失礼いたしあした!
でもここのブログ見てないかも?!

以上ご三方のご紹介でした。
今年に入って、同じく関東TLのぷーたとうさんとyoshida914さんが「自然山通信」の表紙を飾る快挙があったりと、立て続けに凄いですね!関東TL!
これを機に、ますますTL愛好家の輪が広まればいいな~!
なんて思っています。