Save0003.jpg

初恋

海辺の田舎町 10歳の頃
ラジオから流れてきた"The Beatles"
一瞬で恋に落ちた
教室でも家にいても 大声で歌ってた
"I wanna hold your hand"
"please please me""Can't buy me love"

"Bob Dylan""The Young Rascals"
"The Beach Boys""The Motown & The Memphis Sound"
仲間とバンド組んで 髪を長く伸ばして
時代は60年代"Love Peace & Rock'n Roll"
「未来は明るい」と信じていた
1974年21歳になった年「旅の暮らし」が始まった
オレの初恋はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけている

迷いと混乱の中 沈んでいた70年代
救ってくれたのは"Bruce Springsteen & Jackson Browne"
鐘が鳴るように蘇る"Old time Rock'n Roll"
心の中 叫んだ"Bringing it all back home"
「アメリカ生まれのRock'n Rollやっているオレは誰だ・・・?」
自分を探した「J-Boy」in 1986
オレの恋人はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけてる

ドーナツ盤に刻まれた3分間の物語 少年と世界を繋いでた
オレの初恋はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけている
オレの恋人はRock'n Roll
そして今も夢中で追いかけてる


10歳でビートルズに恋してしまった「浜田省吾」が歌う「初恋」
彼に影響をあたえたアーティストの名前が随所に綴られています。

彼の今回のツアータイトルが「My First Love is Rock'n Roll 」
訳すと「オレの初恋はロックンロール」
つまり「初恋」は今回のツアーのテーマソングなんですね。

彼のこの詩に対する想いが、先日の秋田公演でも熱く伝わりました。

曲線で描いた舞台セット、それにちりばめられた幾つものモニター、The Beatles 60年代・70年代・80年代の出来事・・歌詞と連動したモニター画面に美しく描かれた彼のRock'n Rollへの想い。

CDでは最後の間奏部分で、いかにも当時の曲名が分かるようなアレンジが成されています。
なぜかウィングスのバンドオンザラン、ツィスト&シャウト、Born In The U.S.A等々・・

最近の曲ですが、いまあえて「初恋」「恋人」と語るロックンロールへのこだわり。
佐野元春とは路線が違いますが、今は少ない純粋なロックンローラーの一人として存在感があります。

アルバム「My First Love」のインタビュー記事

またまた浜省ネタになっちゃいましたね。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1000-9befeaa2