元旦の初詣は大館神明社という大館市の中心街にほど近い神社に行ってきました。

s-IMGP1448.jpg

すでに午後なのに、まだ人が一杯います。この時にはすでに悪寒が体を襲っており、お参りの後はおみくじや破魔矢などの縁起物も混んでたので買わずに、そそくさに帰ってきて床に伏せることに。。。

正月の縁起物の中に熊手というのもありますよね!
元来は酉の市なんかで商売繁盛の縁起物で売ってる物のようですが、正月の飾りものとしても神社でよく見かけます。

今年は縁起物買わなかったな~なんて思いつつ、翌日に布団の中でテレビを観ていたら、江口ともみさんが隣の北秋田市の阿仁地区の「阿仁マタギ」のレポをしている番組をやってました。

全国にマタギと呼ぶ地域多しといえども、やはりマタギ中のマタギはこの阿仁地区!
特にテレビで放映された阿仁町比立内地区はマタギの発祥地なんです。
ここは以前紹介した森吉山ゴンドラのある阿仁スキー場から角館方面へ30分程行ったところにあり、近くには熊牧場や打当温泉、日本の滝百選の第2位の安の滝もあったり、また、ここから秋田市河辺地区(妻の実家がここ)近くの岩見ダムへ通じる河北林道という割と有名な林道があったりと自然が一杯で色んな意味で私なんかには凄く魅力のある地域なんです。

無理やり熊手からマタギの話に引っ張っちゃいましたが、実は、我が家の冷凍庫には、義叔父さんから先月いただいた熊の肉がありまして、3日に妹夫婦も来るしと、熊肉鍋を作りました。(作ったのは母ですけど!)

s-IMGP1450.jpg

この熊の肉というのは、冬眠の準備が済んで脂の乗った初冬頃の肉が臭みも無く柔らかくて美味しいんです。今回のも多分叔父さんが自分で獲ったものだと思うんですが、毎年貰ってるんで、その時々で脂が多すぎたり硬かったりするんですが、今年のは凄く美味しかったです。

妹夫婦に勧めたら、旦那は食べたかったのですが、妹が今年はダメ・・ときっぱり!
なぜかというと、妹の嫁ぎ先の集落の守り神様が熊になってるらしく、地区では熊肉は食べない慣習があり、特に今年は家族に厄年の者が複数いるので・・・ということのようです。

熊を祀る地域も珍しいんでしょうが、我が家も熊に関してはいろいろとありまして・・・
なんか凄く長くなる予感が・・(笑)

まず、私の家の先祖に熊の字が入ったお方が4人おります。私で6代目ですので、確率4/6(笑)

母の実家は旧田代町の岩瀬沢最後の集落で熊の宝庫!母の母(祖母)がある日竹の子採りで山に入り、でかい熊とその距離数メートルでバッタリ遭遇。完全にやられたと丸くなってたら熊が遠ざかっていったそうな・・!
田代岳の裾野を挟んでもう一方の早口沢の最後の集落にも、マタギをやっている親戚がいて、もう10年以上も前ですが、裏山で熊にやられて亡くなりました。熊のプロもやはり熊には敵わなかったようです。

熊と生活を供にしている地区では、やはり熊は神的存在として崇める気持ちがわかるような気がします。一般的には山の神といえば、女の神ということのようで、よくこちらでは、山の仕事には女の人は入ってはいけないとか、山の水が流れる川も同じだとか・・色々言い伝えがあります。女の人が山に入ると山の神が怒るとかで、どうやらマタギの掟はその典型のようです。

私のように東北の片田舎に住んでると結構こういうのが身近にあって、昔話もいいところと思いつつも、心のどこかで気にはしてるみたいなわけで。。。
というのは、私の住む集落にもこのような山岳信仰みたいのが根強く残ってて、家でも代々色々やってるみたいなんです。といっても新興宗教とかではないんですけどね(笑)

新年早々長くなっちゃいますけど、たまには毛色の違う話もいいかな~なんてね!(汗)

早速その1・・集落で亡くなる人がいると、葬儀の後四十九日まで一週間置きに念仏を唱える慣習があって、係りのおばあちゃん達がその家の家族や親戚と一緒に教本で念仏を唱えるんですが、その中に熊野山とか熊野詣でとかという言葉が結構出てくるんですが、これはもしかして世界遺産になっている紀州の熊野山一帯に端を発する熊野信仰じゃないかと思っているんですが、ま~定かではありませんが、熊繋がりということで。。。

その2・・秋田市と上小阿仁村にまたがる霊峰「太平山」の山岳信仰もやってまして、近くの中学校の裏にある山の頂上には大きな石が祀られています。
正確には「太平山三吉神社」信仰のようで、三吉講や太平山講でしられる三吉神社の総本宮として、県内はじめ東北各地はもとより、関東、北海道から年間80万人を越える参拝者で賑わうそうで、初詣数はダントツで県内一です。

その3・・庚申様というのもやっています(笑)
これは、いわゆる鎮守神で、♪村の鎮守の神様・・♪でおなじみの鎮守様信仰でして、地区では公民館の前に祀られています。

やたらいっぱいやってますが、これでも女性の安産と子供授かりを信仰する唐松様というのをかなり前に辞めているんですよ(笑)
殆ど信仰というほどの大げさなものではなく、年会費を納めたり、年一回の集まりに参加する程度のものですが、祀っている場所の刈り払いとか、何年とか十数年に一度当番が回ってくるのが面倒ではありますが、部落の中での付き合いもあり、辞めるに辞められない状況になっています(笑)

付録・・私の家の屋敷には竜神様が祀られています。そしてお稲○さんを祀る場所を指す地名のところに住んでいます。
こんなに神様がいっぱいいて喧嘩しないものかと心配しております~(笑)
ちなみに、地区には立派な神社もありますし、お寺さんは曹洞宗で、世間一般と同じ拘わりもありますのでご安心を。。。(爆)

熊話題が、正月に相応しく?神社仏閣方面へと行っちゃいましたね!
またまた、コメントなんぞをいただこうなんぞ決して思ってはいけない(笑)ディープな記事になっちゃいましたが、まっ、正月ですので。。。(爆)
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1098-ec97099b