上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我がTL50バイアルスも、つい最近手を掛け始めたと思ったのも束の間、また一時停滞といういつものバターンに・・・
今週の職場の大きな行事が終われば、なんとか再スタートの予定ではありますが。。。

そんなかんだで、踊り場での一休止ついでに、正月の箱根大学駅伝のTV放送をみて、自分のバイクの原点を思い出したりしましたもので・・・昔話なんぞを。。。

というのは、私、実は高校卒業後はバイクのプロになるために関東圏域に行くことにしておりました。
プロといっても郵便外務のお仕事なんですけどね(笑)

近所の先輩達数名が当時の関東郵政局に入って関東方面に勤務していたので、それじゃ私もと、中学の同級生と関東郵政局を受検し、ほぼ合格間違い無しと余裕で卒業前の春休みを過ごしながら、色々と身支度なんぞしていたんですが、あろうことに「不合格通知」が来てしまいました。
同級生もダメで、時既に2月の半ば、みんな就職が決まっている時期に、お先真っ暗とはこのことでした。
ちょうど父が大病を患ったので、地元に残ることを決意し、急いで就職口を探してたら、今の職場の募集があって、そのまま現在に至るわけです。。。
同級生もいい就職先がすぐ決まり、現在もそこの職場で元気に働いているんで、結局これでよかったんだろうと今では思っていますが、当時はどうしても東京方面への憧れを断ち切るまで時間がかかったものです。
もし郵便配達屋さんになっていれば、神奈川県の平塚市に勤務する可能性が高かったので、未だに正月の箱根駅伝を観てて「平塚中継所」とか出てくると当時の想いが蘇ってきちゃうんですよね!
なんともセンチメンタルなお話で恥ずかしいんですが、この時期はそんな気持ちになります。

高校当時にTL50を従兄弟から借りたというのは、実はバイクの運転の練習をするためというのが本当のところなんです。
まだ免許が無かったので、近くの山や川原で乗ってたんですが、これがまた面白くて、免許取ってからも通勤で毎日乗ってました。

初めて職場に行った日のことです。
職場の倉庫には、でかい昔のスクーターやBMWの古いバイクが二台あって、聞いたら私の前に勤務していた方の物らしく、その方は当時すでに70歳近くになってたんでしょうか、昔からバイクが好きで、色々と持ってたらしくて、そのうちの二台をしばらく置いてたらしいんです。BMWは素人目にみてもかなり古くて、FフェンダーにはBMWの文字が入ったプレートが鳥の鶏冠のように着いてて、座席も自転車のサドルをでかくしたようなのが着いてたのが今でも記憶にあります。
職場デビューの日にビンテージバイクとのご対面とは、今思えば何とも奇遇な感じがします。

それから間もなく、秋田の本社に入社の挨拶に伺った折、やはり倉庫には社員が当時乗っていたスズキのGT750(2スト水冷のやつ)がどんと鎮座してまして、ラジエターがやけにでかいバイクだな~なんて思った記憶があります。

今またバイクを趣味とし、関東の方とのお付き合いにもある中で、若かりし頃に関東方面へ想いを焦がした一時期がバイクとともにあったことを、懐かしく思い出し、ちょっと紐解いてみました。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1106-c9ad42b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。