以前自作した「超小型バックロードホーンスピーカー」を今はパソコンに繋いで使っています。

IMGP1509.jpg


モニターの内蔵スピーカーでも普通に聴けるんですが、やはり少しでも良い音で聴きたいなと、オーディオスピーカーを繋げようと思ったものの、普通の小型スピーカーでもパソコン用としてはみなデカイ。。。

で、コンパクトなこのスピーカーをと。。。
でも以前の記事のとおり、5センチユニット使用といえども、エンクロージャーが小さすぎるし、音道壁にモルタル充填した重量級。。。
なんともロードのかからない、掟破りのシロモノですが、そこは腐ってもバックロードホーン。よく言えばリアルな音がしますので、YouYubeなんかを聴くときでも、モニターのよりは格段に良い音で聴けます。。

このスピーカーを駆動しているのが、CECという聞きなれないメーカーのへッドホンアンプ「HC51」

IMGP1507.jpg IMGP1508.jpg

2002年発売まもなく購入。。
この日本のメーカーの歴史は長く、語ればまた長くなるような凄いメーカーなんですが、前年に発売されたアンプ「AMP71」は、オーディオにとって神の領域?である「増幅する電線」に一番近づいたと言われたりしています。
「AMP71」で採用された「LEF回路」をこの小さい固体に投入した「HD51」
純A級動作(ヘッドホン部)でも発熱が無く、ボデーには隙間がありません。スピーカー出力は8W×2と少ないながらも実用上問題なく、バランス入力装備等マニアチックな仕様となっています。

IMGP1510.jpg
 アンプとスピーカーともに超コンパクトの組み合せは、市販
 のアクティブスピーカー同様、机の上に置いても邪魔にな
 らず、パソコンで音楽を楽しむにはちょうどいい大きさかな
 ~なんて思っています。






久々のオーディオネタでした。。
バイクネタは何処へ?。。。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1119-d99e7c8a