2008.05.16 無償の放熱。
雑誌「Number」の最新号です。
IMGP2072.jpg

格闘技特集のようです。秋田出身のオチャメな格闘家「桜庭和志」も大きく取り上げられています。

そして、86ページから91ページは「無償の放熱。友川カズキと能代バスケット」と題して、秋田の犬「友川カズキ」の大特集です。
IMGP2073.jpg IMGP2075.jpgIMGP2074.jpg

6ページもですよ!
常勝、能代工業バスケット部の全国初制覇を支え、類まれな才能を発揮した彼の勝負にかける凄まじいばかりの逸話の数々が語られています。
正直、凄いです!後に日本のバスケ界を背負うことになる小野修二はじめ、能代一中コーチ時代の教え子たちとの壮絶な関係!みんな彼に尊敬の念を込めてバスケ「キ××××」と口をそろえる。そして本物だと!
恩師、師弟関係にある、能代工業を率いた名将「加藤廣志」ですら、同じ土俵で勝負したら彼には勝てなかっただろうと語っています。勝負にかける友川の厳しい眼差しをやっぱり「本物」だと!
異才を放つ歌手!「友川カズキ」のルーツです...

おぞましくさえ思う彼の歌!
今、彼の歌を聴き始めています。
きっかけは、知人Hさん。
音楽談義でたまたま出た「友川カズキ」話題。秋田出身者といえども、普通は何気に聞き流すところ...だけど!
以前の記事でも触れてますが、実はちょっとした理由で彼のことを気に留めていたんです。
そして彼の歌を本格的に聴こうかなとCDを取り寄せていた折り、偶然にもHさんが私の職場にアルバム2枚を持ってきてくれました。「好きな時に返していいから」って!
IMGP2071.jpg

やはりアルバム持っていたんですね!
同じ三種町同士ですし、フォークソング大好きですからね!ありがとうです。

火曜日のことでしたので、今ようやく聴き始めました。
訳が分からず鳥肌が立ちます。
なぜか雑誌記事の中でたびたび使われている「本物」という言葉が何かと結びついてるような気にさせられます。
歌の重さ、迫力、逃げない者の説得力というか、魂が揺さぶられる見えない力が彼の持つ「本物」からきている気がしてなりません。どっかひょうひょうとして捕らえどころの無い秋田県人特有の心の奥と背中合わせにね!...

前衛音楽みたいな深~い世界までは引きずり込まれません。異端児とも違う。等身大の異才というところでしょうか!

ま、イカサマ解説はこれくらいにして、取り寄せていたCDが昨日入りました。
IMGP2069.jpg
IMGP2070.jpg

2005年の大阪のライブ盤です。
地元の店では、品切れで取り寄せできないとの話で、別ルートで取り寄せました。もちろん新品です。
まだ聴いていませんが、大阪で自殺した弟さんのことを歌った曲も入ってるわりと最近のアルバムらしいです。

聴き重ねるのが楽しみでもあり、怖くもあり(笑)ですね!

エンケンの「カレーライス」です。
ギターを抱えて足をプラプラしたり絵を描いてるのが「友川かずき」です!

Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1169-0a7d7c07