2009.04.22 尾去沢鉱山
IMGP3100s-ブログ 12日の日曜日、ポカポカ陽気に誘われて、隣町にある
 「史跡尾去沢鉱山」に行ってきました。
 
 いつのまにかマイランド尾去沢から名前が変わってたんで
 すね! 知らんかった。

 ここは1300年の歴史と採掘跡を間近に見る事が出来る我
 が国最大の銅鉱山史跡のようです。

そう、大館市を中心とする秋田県北東部は北鹿(ほくろく)地域と呼ばれ、尾去沢鉱山をはじめ、小坂、花岡、松峰、花輪、古遠部など数十の著名な鉱山が分布していて、日本最大の鉱山地帯として知られています。
IMGP3101s-ブログ 
 八戸から大型バイク軍団も..

 まずはレストハウスで腹ごしらえをして、 「石切沢通洞坑コース」に入りました。

IMGP3106s-ブログ 入口周辺は息が白くなるくらいの冷たい風が中から吹き付けてきます。
 やっぱりチビ2人は無理だったかな?と一瞬頭をよぎるも、チビ太は一人先に
 進むし、チビ子も借りたベビーカーでふんずり返ってビクともしません。
 ん~鈍感兄弟?..

前に何回か来てるけど家族では初めてなので、1.7k、40分のコースは結構楽しめました。
でも、江戸時代の採掘夫の人形とか、暗い中でのマネキンはなんとも気持ち悪かったな~!
一人じゃ、ちょっと遠慮したい感じです。ホント
出る頃にはうっすらと汗をかく位に..いい運動でした。

そして次は「シューティングアドベンチャー」なるアトラクションへと別棟に..

IMGP3132s-ブログ 二人乗りの乗り物に乗って、多分採掘坑の後と思われる長いトンネルを旅しな
 がらレーザー銃でインベーターの的を撃つという遊びなんですが、途中レーザ
 ー光線の放射とか光の渦の中を通ったりと、チビらは大喜びでした。
 カップルは結構いいかも。暗いし~^の^

ここもお客はウチらだけ..スタート前に頼みもしないカメラマンが一眼を構えてパチリ。
んっ~?もしかして観光地によくある例のパターンか~?..と思いながらも顔は勝手にカメラに向って笑っちゃってます(笑)
着いたら案の上、一枚1,000円ですと~高っけ~!
でも、職場の旅行ならいざ知らず、家族モノってことで財布の紐が~

IMGP3150s-ブログ
 はい、2,000円也~!



とっても楽しい日曜日でした~~!
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1296-c5461c9c