上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-ブログIMGP1438

一年のうちで一番大館が活気づく「大館神明社祭典」(9月10日宵宮・11日本祭)
宵宮の夜、大町交差点は凄い熱気に包まれました。
毎年見てるのに、やはりこの日はここに来てしまいます。
そして何気に感動したりします。

翌日の本祭は「雨祭り」ともいわれるようにあいにくの雨..
そんな天候もあって我が家はウチの中にじっとしていましたが、昼時の中心街は凄い盛り上がりだったようです。
中でも「大館曲わっぱ太鼓」の演奏時には沿道から溢れかえるほどの聴衆が押し寄せたらしく、その演奏がまたまた素晴らしかったと..

そうなんですよね~
この曲げわっは太鼓って、文字通り大館の工芸品「曲げわっぱ」に皮を張ったもので、材質が杉ということもあって優しい暖かい音がして、なんとも味わい深いんですよ。
ある方のブログでは今回の演奏を聴いて「鳥肌が立ってウルウルする」という表現をされてましたが、まさにそんな感じ。言葉ではうまく語れない独特な響きとリズムに魅了されてしまうのです。

そんな曲げわっぱ太鼓を牽引するのが「忍組」の大沢しのぶさん。。
女性和太鼓奏者としては超有名人とか。
元オフコースのドラマー大間ジローさん、津軽三味線の最高峰「金木大会」三年連続チャンピオン黒沢博幸さんとともに「天地人」というユニットでも活躍されています。
来月にはフランスはパリで公演されるとのこと。

天地人は東北を表す言葉「みちのく」にかけ?、北東北を未知国(みちのく)と名づけ、ジャズとロックと民謡をクロスオーバーさせた新しいサウンドを世界に発信します。

さて、パリっ子に未知国の音楽はどんな感動を与えるのでしょうか。。

天地人♪「遠い空」PV
http://www.youtube.com/watch?v=qtUuO1nIduk
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1375-3c27becf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。