CA3I1979pc16943v1.jpg


二週連続の岩手です。

不覚にも怪我で出場できなくなった「JCF J2 DARTFREAK 雫石 STAEG」ですが、来年6月にも同所で開催されるようなので家族で下見に行ってきました。
エントリーしていたアバランチェ部門は2日目の最終種目なので、その時間に合わせ、ちょいと小岩井農場に寄り道。

子供たちが喜ぶような遊びが目白押しなのですが、時間の関係で我が家の選択は「トロ馬車」。。
嫌がる長男とカメラマンのオヤジを残し、三人で羊の放牧地や林のコースをガタゴトと、のどかな時間に浸りました。
IMGP3405.jpg

昼食はジンギスカン。
IMGP3412.jpg

途中、一本桜の前を通って一路雫石スキー場へ!

雫石スキー場は初めてだったんですが、プリンスホテル側の駐車場からはゲレンデの上の部分が全く見えなくて思ったよりこじんまりしてる印象。
昔ワールドカップのアルペン競技が開催されたのはシャトルバスで移動する別のゲレンデのようです。

次回のためにせめてパンフレットだけでもと、受付場所のオーストリアハウス(ワールドカップの時にオーストリアチームから寄贈されたログハウス)に行ったら競技運営詳細の印刷物は一切無いらしく、辞退のいきさつを話したら参加賞をくれました。
協賛のコロンビアのストラッブでしたが、ゼッケンプレートはさすがにいただけませんでした。
IMGP3417.jpg

某有名メーカーチームの事前の情報では、来年度J1への昇格が予定されているこの大会には、9月のJ1の前哨戦ということもあって国内のトップライダーの多くが参加するとのお話があったので、会場は賑々しく華やかな雰囲気なのかな~なんて思ってたんですが、競技最終日の終盤なので、すでに競技を終えたメーカーチーム等は帰っちゃったのか、はたまた雨の影響で出場者が少なかったのか、思いのほか整然とした場内でした。

IMGP3414.jpg IMGP3418.jpg

受付でのお話では、アバランチェ部門には40名位の出場とのこと。
多いか少ないかはなんとも微妙なところですね。

試走は各自任意、今大会は本番のスタート順を決める予選は無く、午後2時30分のスタートに合わせ皆さん続々とロープウェイに乗り込みます。

ロープウェイ山頂駅がスタート地点。
スタッフさんの話だと、雨の影響でコースはかなり柔らかくなってるらしく、下りでもペダルを漕がないといけない状況とのこと。。

案外、出れなかったことでホッとしている自分がそこにいたりして(笑

でも、女性や小学高学年と思われる方もいらしたので、このロープウェイに乗り込む私と長男の姿が本来はそこにあったはずと思うと、なんとも残念な気持ちでもあります。

IMGP3423.jpg

レースの模様を最後まで見たいと思ってたのですが、家の事情で早めに戻らなければならず、スタート前に会場を後にしました。

ニーシン&エルボーガードも二人分購入したし、また息子が張り切っていただけに、ぜひ来年6月には出場したいと思っています。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1425-4c1ae94f