上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.10 SL秋田路号
sl_akita.jpg

秋田DCに合わせ、今月12〜14日にJR秋田—横手間を1日1往復するC61形蒸気機関車(1949年製)「SL秋田こまち号」の試乗会が今日9日行われ、線路沿いに集まった見物客や鉄道ファンらを楽しませたようです。

ノース家では森吉山登山、大館きりたんぽ祭り、長男の誕生日と、この次の三連休はスケジュールが一杯なのでC61の雄姿をみることが出来そうにありません。

でも、昨年のプレDCで東能代-秋田間を運行したC61をちゃっかり見に行ってたので、今年は無理しません。

昨年の「SL秋田路号」の雄姿です。
IMGP3086.jpg

一昨年に青森で見たD51を思い出します。

もう少しアングルを鋭角にして撮りたかったのですが..
はい、このとおり..
撮り鉄さんの鈴なりの図です。

IMGP3078.jpg

入り込む余地ゼロ..
っていうか、ノースの後にもギャラリー一杯で場所を離れられません。

ヤマ勘で到達したこの場所。
どうやらお立ち台のようでした。。

やっぱりSLっていいな~と感激しました。
が、なんか後味の悪い撮影でした。

なんでかというと、三脚で陣取った撮り鉄さんの何名かが、撮影に邪魔になるという理由だけで、前方の田んぼにの中ほどに移動しようとした子供連れの家族に笛を鳴らしながら罵声を浴びせたのです。

ここで表現するには難しい、なんとも悲しくなるような言葉でした。

中には優しい口調で移動をお願いする方もいましたが、ここまでして撮影しないといけないものかと、撮り鉄さん達の実態を目のあたりにして凄くがっかりしました。

これを生業にしているならまだしも、恐らくハイアマチュアのいわゆるマニアの方が殆どだとすれば、地元にSLがやってきたと喜び勇み、出来るだけ近くで見たいと純粋な気持ちでやってきただけの人たちに、かける言葉はおのずと血の通ったものになるはずですし、そうあってほしいと思います。

いずれにしても、私はこのような撮り鉄にだけはなりたくないと思わされた日でした。

IMGP3080.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/1432-8f94708f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。