18362__cycling-through-the-woods_p.jpg


日曜日に参戦するはずのモヤヒルズMTB大会でしたが...
IMGP4062.jpg

現地に出向きゼッケンも付けたのに..
直前になってバカ息子が絶対に出ないとダダをこねりやがりました。

IMGP4064.jpg

前々から出たくないと言ってたし、車中でも気乗りしていないようだったので、一応想定の範囲でしたが、ゼッケンを着ければなんとかなるだろうという親の勝手な推測は見事に外れました。。

ダメとなれば最後まで絶対ダメ..
息子の性格を甘くみておりました。。

色々と経験させ、どこに行っても物怖じしない度胸をつけさせようと思った親心のつもりが、結局は親のエゴだったのかも知れませんネ。

まっ、しょうがないべ~と早々とゼッケンをお返し、大会も見ないで退散しました。

こうなればキャンプ場でも下見しようと気持ちを切り替え車に乗り込むまでは良かったのですが、肝心のキャンプ場入り口のゲートが閉まってて入れません。

なになに、暗証番号でゲートが開くとな!
なにやら管理棟で受付をして暗証番号を入手しないと中に入れない仕組みになっているようです。。www
いやはやなんとも立派な仕組みですこと。。

キャンプ受付のヒルズクラブ
IMGP4066.jpg

何もかもが予定どおりにいかず、ヒルズサンダーにも乗らず、心が沈んだまま帰路についたのですが、結果的に予定より早く帰宅したことが幸いしました。。


てんかん痙攣で先月末に救急搬送され、二日前に退院したばかり母が私達が帰宅してまもなく、またまた救急車を呼ぶはめに。。
昨年末からこれで3回目の救急搬送ですが、今回は全身痙攣で呼吸が停止したりとちょっと危ない状況でした。

退院したばかりなのでその日は妹に付き添いをお願いしてたんですが、帰りに電話したら体調もいいので、私達が着く前に時間になったら帰るから、せっかくだからゆっくりお昼でもしてきたら~なんて言われたんですが、なにしろ心が沈んじゃってますからね~(笑)、トイレ休憩しただけでお昼もしないで早々に帰ってきました。

早い帰宅に驚いた妹もすぐ帰り、それから2時間後でした。。

もし息子がレースに出てうっかり入賞して表彰式に出たり(笑)、それに気を良くして最後までレースを見たり、キャンプ場の下見をしたり、ヒルズサンダーに乗ったり、帰りにゆっくりお昼したり...www

と、遅い帰宅になっていたら、たぶん今頃母はこの世にいなかったかも知れません。。

なんとも奇遇なものです。。

2年前に腸の手術、その後のリハビリ病院で一生歩けないだろうと宣告されたのに、退院したらすぐ歩けたりして(笑)、ず~っと自宅介護で過ごしてきた母ですが、一度痙攣を起こすと何日も意識障害が続くので、しばらく入院の後は、そろそろ施設行きが決定かも。。
病院介護施設に入れればいいんですが、ぜ ん と た な ん。。。

まっ、なるようにしかなりません。

こんな状況ですが、今後予定されている大会には息子と一緒に出たいと思っています。
今度は息子も出ると言ってますが、油断できませんね~(笑)
まずは一緒に乗ってMTBの楽しさを共有することでスタート地点に立てるような気がします。

気楽に頑張ってみます!!
Secret