s-IMGP4110.jpg

先月の24日(日)、ちょっと覗いてきた「第6回ノスタルジックカーフェスタin北欧の杜」

ノースの興味のある車は果たしてありましたでしょうか。。
今年も来ていました。

s-IMGP4112.jpg

知り合いの極上車です。
一応ノースもこの車に一枚かんでます(秘

旧車を見るたびに思うんですが、51年排ガス規制前のツインキャブ装着車がホスイ~なんて!

まっ、現実的に価格の高騰している旧車を買えるわけでもなく、ただただ憧れを抱いているだけなんですけどね!

やはり、自分が昔乗っていたのとか、欲しいけど買えなかったのなんかを自然と探している自分がそこにいるわけで..

ということでまたいつもの癖で語りたくなっちゃいました(爆

今回も出てませんでしたが、三菱の初代ランサーの1600GSRにお目にかかりたいとマジで思っているんですが中々登場してくれません。

ノースが最初に乗ったのが48年式のランサー1600GSLというGSRの一つ下のモデルのシングルキャブで最も初期型のテールが縦型のやつ、GSRよりも10馬力程少ないOHCエンジンですが820kg弱の軽い車体に100馬力あったので、バワーウェイトレシオはそこそこだったと。

当時のGSRはラリーで篠塚健次郎やアンドリュウコーワンが乗って破竹の勢いでした。
ツインキャブとLSDのGSRを買えなかったノースは、今でもGSRは憧れでして、数ある旧車の中でも一番欲しい車です。

ランサーgsr
画像お借りしました。(ドライバーはシンでしょうか?)

さりげなくエンブレムが素敵でした。

ランサーエンブレム
画像お借りしました。

ず~っとネットでGSRの出物をチェックしててもかなりの希少分野のため殆ど出てきません。
少し前に白のが110万位で中古店で出ましたらすぐ売れてました。

このフェアの二週間位前に52年式の緑・ワンオーナー・フルノーマルのこれ以上のはもう出ないんではというほどの極上車が某オークションに85万円で出品されまして、ノースは買うわけは無くもずっと入札の経緯を見ていただけでしたが、最後に一人だけの入札であっさり落札されてました。
もし魔がさしてポチッとやっちゃったら生活が成り立たなくなっていたでしょうね(笑

今回何気に気づいたんですが、GSRのツインキャブはずっとSUとばかり思っていたら三国のソレックスのようですね、
検索するとSUツインだという人もいたりして、色々と画像をみるとストロンバーグ形のソレックスがSUに間違えられたってところでしょうかね?

今回のオクのに一人だけの入札というのも寂しい気もしますが、やはり52年式というところがネックになっていたのかも知れませんね。MCA表記がされていたので間違いなく51年規制車のようです。

数ある排ガス規制の中でも悪名高き51年規制。。
要するにEGR装着ですよ。
このEGRを殺すとかパワーダウン復活の方法は色々ありますが、ここでは深く追いません。
まっ、当時はセミトラとかフルトラを装着する人もいましたので電装系でパワーアップを試みた時代でしたね。

やはり買うんだったらこの規制前の旧車でしょうね。
実際は48年規制もあるんですが大したことは無く、当時はそれ以前の車への暫定処置として点火時期を少し遅らせる方法をとってました。調整後はデスビのボルトには封印テープを貼ることになっていました。
ノースの若かりし頃、この封印テープの巻物が何故か毎日目の前にありました(秘

規制にどうしても対応出来なかった各社41型式のスポーツ車には49年11月に運輸省から特殊エンジン車として楕円のステッカーを前面バンパーに貼付することで認定され、その後の排ガス基準値は他の規制車と一線を画すことになります。ハコスカGTRとか名だたる名車がリストに入ってますね。

馬力に足が付いてこなかったランサーの後に買ったのが、足のいいやつ「カリーナ」。。(笑
54年式の二代目4ドアセダン1600GTでした。

2TG・2TGRエンジンは51年規制から電子燃料噴射(EFI)の2TGEUとなりノースのは53年規制のでした。

今思うとやはりソレックス&弁当箱の独自の吸気音には程遠く、なんともワイルド!いやマイルドな仕上がりの車でしたがGTという冠に乗っていた気がします。

今欲しい車のNO2..

初代カリーナ A12 2ドアセダン1600GT

カリーナ
画像お借りしまたした。

マイナー後の2ドアハードトッブ・横長テールじゃないやつです。
この縦型テールがなんとも好きです。っていうか当時は嫌いだったのが今はこの形がなんともいえませんね。

この車もかなりの希少車のようでめったに市場に現れないようです。
まっ、買うわけないですが(笑

TE27系やセリカなんかにはさぼど食指が伸びない変わり者のノースですが、オークションを覗いていたら、排ガス規制をクリアできずにわずか256台で生産中止となったTE37レビンがついこの間出品されててビックリしました。一杯入札があったようです。

そなんかんだでノースの乗った2台について語っちゃいましたが、今回のノスタルジックフェアは5分位斜め見した程度で子供たちの遊び場に移動しちゃいました。

いつも思うんですが、スカイラインもGTRのエンブレムがついててもエンジンはL型だし、ゼットもしかりで本当のS20エンジンを見たいという単なる我がままが、今年も来てないか~みたいな感じにさせちゃいます。
もしかして過去にも来ていたのかも知れませんが、まさか所有者は大事にしまっちゃってるのでこういうのには来ないだろうしね!不動のエンジンだけでも100万もするそうですし普通はお目にかかれるはすが無いのかも知れません。

ノースはかなり前に一度だけこのエンジンを陸運局(今は運輸支局)で見たことがあります。

今の職場に入ってから暫くこのエンジンのでかいポスターが貼られていて、毎日見ているやつの本物を一度はと思っていたのでその時は本当に感動しました。

これと同じもので縦は1メーター以上はありました。

S20
画像お借りしました。

いつかは憧れの旧車を...

宝くじしかありません(爆
Secret