s-十和田湖


御嶽山の突然の噴火から1か月が過ぎましたね。

大惨事の犠牲となった方たちにはただただご冥福をお祈りするしかないですが、この噴火のニュースを聞いて、もしやと頭をよぎったことがあります。

それは十和田火山大噴火!
前にUPした記事で十和田湖が富士山と同じレペルの活火山であることを初めて知り、まさか自分が生きている間に噴火の話なんて話題に上るはずも無くと思っていましたが、なにやら今年の1月末に十和田湖で起こった1日800回の地震によって噴火の可能性が週刊誌や新聞等で取沙汰され、各方面の学者も戦々恐々している中での御嶽山の突然の噴火だったので。。

十和田火山噴火のワードて検索すると、その凄い内容に十和田火山って本当に噴火しちゃうの?って心配しとります。

ちょっと調べてみたら、十和田火山は日本でも最大級の火山で、過去にかなりの大噴火を繰り返してきたトンデモナイ歴史がありました。

十和田火山噴火の数ある歴史の中で4万3千年前や1万3千年前の大噴火だけをとってみても、915年に起こった日本の歴史上最大の噴火と比較するにも偲びないほどの大規模噴火だったようです。

ちなみに1万3千年前のマグマの噴出量は500億トンと、915年の10倍とかで、富士山噴火の数十倍の規模だったようです。

その時の大火砕流は青森市内や六ヶ所村まで達し、青森県や秋田県のかなりの範囲を焼き尽くしたらしいです。

んっ!
六ヶ所村?

え゛っ、そこって核燃料の再処理工場があるんじゃ?

そうなんです。
もし1万3千年ぶりの大噴火が起きちゃうと、ここがかなり危ないってことで学者さんたちがかなり心配してます。

原子力規制委員会の専門家チームなんかも今年の夏に初会合を開き、万が一の運転停止も想定しているんだとか。。

万が一のことになれば日本全土が全滅するだけでは済まされないようですよ!

怖いですね~!

なにやらマグニチュード9以上の大地震後4年以内には必ず近くの火山が噴火するというのが定説って話もありますからね。

それと十和田と同じ緯度にある北朝鮮と中国国境の白頭山というのが十和田以上に危ないことになってるって話もありまして、この火山、新しいところでは915年の十和田噴火から間もなく噴火しちゃってるんですね。

規模は富士山の220倍。
過去2000年の世界の歴史の中でこれを超える噴火は無いんだとか。

これがいつ噴火してもおかしくないといってる学者さんもいるようですよ。。

いや~、本当に怖いですね。

まっ、御嶽山もほとんど予兆無しにド~ンと来ましたからね、十和田も明日あたりドカンと来るかも知れませんよ!

皆さん、今のうちに人生楽しんじゃいましょう(笑
Secret