上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
140601-102.jpg


先日の記事で話していた小坂町での目論みを遂行するために昨日現地入りしました。

その目論みとは 『これ』です!!

はい、小坂鉄道レールパークのディーゼル機関車の運転体験をしてきました。

s-IMGP4487.jpg


サイトの紹介ページ上にある「運転士への道コース」はあまりにも高額なので、手の届く「お手軽コース」を体験。。

ディーゼル機関車の運転体験が出来るのも国内ではここしかないらしく、今年から料金も8千円から5千円に値下げされたのでさっそく食いつきました(笑

思えばてっちゃんのての字も無かったノースでしたが、青森でのSL「D51」や秋田の「C61」運行で俄か撮り鉄になったり、廃線の小坂鉄道でのレールバイク体験やエボルタ電車レポなど、鉄道話題に触れたのはつい最近のことだったのに、一挙に機関車運転までいってしまいました(笑


まずは運転した機関車の紹介を。。

過去記事で横一列に並んだ機関車両を画像で紹介してましたが、ノースが乗ったのはDD130形式車両3台のうちの「DD133」車両。

s-IMGP4473.jpg


DD130形式は、操車場構内での車両入換作業を主目的として開発された国鉄のDD13形式機関車の派生バージョンのようですが、比較的長距離を運転する必要から運転台を前後に各1席独立して設けている点や、重連走行の際の総括制御が可能である点がDD13形式とは大きく異なるようです。
ちなみに貨物重量最大時には、総括制御DD130形式三重連に協調運転DD13-556を繋いで四重連で牽引していたようです。


当日は11時に予約してましたが、運転室での動画カメラ使用OKとの事前確認を取っていたので、そのカメラの準備やら先に構内見学でもと余裕を持って約1時間前に到着して受付へと。。

したら、すぐに乗車出来ますがどうしますか?と言われ、それじゃと撮影機器一式の準備に取り掛かるも、車内撮影用の小型カメラをヘルメットに装着してレーザーポインター照射で一発勝負の角度調整をしたり、ビデオ撮りの三脚をセットしたりと、想定外の時間繰り上げに心の余裕の無い状態のまま機関車に乗り込みました。


初めての機関車運転にワクワク感と不安が交差する中、係の方から丁寧に運転操作のレクチャーを受けましたが、制御盤の電源を入れ、予熱後の前後エンジン始動までは順調だったものの、基本テンパッてる状況なので(笑、運転操作の説明は聞いてても耳をすり抜けるような感じでした(汗;

そんなかんだの運転体験は動画にまとめましたので最後にご覧になって是非笑って下さいまし!


DD133車両をバックに!! (係の方に撮っていただきました)

s-IMGP4450_20150419144349ebd.jpg


運転室には家族も一緒に入って走行できますよ!
我が家は長男に事前に誘ってみたものの、いつものように拒否されましたが(笑

片道100mの往復とあっとい間の体験でしたが、本当にいい経験になりました。

運転体験後は資料展示室や車両保管庫を見学したり、ちょっとした遊具などで子供たちが遊んだりと、充実した時間を過ごしました。


帰りは近くの奈良岡屋で小坂名物の「かつラーメン」を初めて食べました。

s-IMGP4432.jpg


だいぶ回復したのですが、実は風邪の鼻詰まりで味が7割程度しか分からず、レビューはいつかまたということで(笑



ノースの運転体験動画です。(カメラの前後左右の激しい動きがテンパリ具合を表わしてます(爆)





四重連とか、もう少し動画が見たいと思った方が居れば?(笑、これなんかが良いかも!




レールパーク内の画像一杯撮りましたが、ノースの説明よりこちらの方が良いかも!!




せば!!

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。