上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.03.15 EV-CUB from Odate
s-EV-Cub.jpg


先月の24日にホンダから2年後の2018年をめどに日本で市販することが発表された「EV-CUB(イーブイ・カブ)」(画像)。

2009年の東京モーターショーで参考出品されていたもので、前後輪のハブ部分にモーターを組み込んだ両輪駆動方式を採用。
「EV-CUB Concept」をベースとした量産モデルとのことで、1回の充電で走行できる距離は、既にリース販売している「EV-Neo」の30Kmを超え50km以上となる見込みのようです。
ベースのEV-CUB Concept
s-Honda EV-Cub Concept


やっぱり世の中の流れは電動化なんでしょうね。

環境に優しいということはわかるんですが、男の子としては内燃機関の原動機じゃないとワクワク感を感じないと思うんですが、どうでしょう?!


そんな中、当地でもホンダに先駆けて?「電動両輪駆動カブ」を制作した記事が昨日地元新聞に載ってました。

記事画像
s-電動バイク


ネットでも電動に改造したカブの例は極めて少なく、ましてや両輪にモーターを付けたカブの例は殆ど無いように思われます。

雪国ならではの発想から誕生した当地版EV-CUB..

走行距離もなかなかなものですね。。


町ですれ違うのを楽しみにしてますが、
早朝限定というのがチョイト厳しい!!(笑..

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。