上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-山木


先月の30日、青森県黒石市での山木康世さんライブに行ってきました。

山木さんといえばふきのとう。

ふきのとうといえば、高校の時に聴いた「白い冬」が今でも大好きで、この曲を作った山木さんの東北ツアーのことを岩手の愛輪塾のサイトで知り、27日の地元大館のには予定が入って行けなかったので、40年以上も前の遠い昔に想いを馳せ黒石へと。。
会場は音蔵こみせん。

s-音蔵こみせん


江戸時代から続く町屋アーケード「こみせ通り」にあります。

s-こみせ通り

なんとも風情のある佇まいです。


初めて生で聴く山木さんの唄。

8年前に紹介してたふきのとうのアルバム1枚のみしか持ってないので殆ど予習無しで臨む。

IMGP1739.jpg


地元から見えられた同世代の女性の方と同席させていただき、暫し談笑。

いよいよ開演です。

想像していたよりでかい、というか太い(笑

あれっ、顔も声もしゃべり方も誰かに似てるぞ~

お゛~、ノースが敬愛する、日本のルアーフィッシングの開拓者といわれる「村田基」さんにクリソツ。。

このイメージが終始ダブっちゃって、なんか変な感じ(笑


ノースが知ってる白い冬や風来坊、春雷もやってくれました。感動しました!!

武田鉄矢氏に提供した思えば遠くへ来たもんだ他計3曲も披露。

あとは勉強不足で曲はわからないけど全部がオリジナル曲だったのかも。。


東北大震災のことを歌った曲にはグッとくるものがありました。

日本がまだ弥生時代の頃に中国から日本に渡った徐福という人の話や義経・弁慶・ジンギスカンの青森との関わり等々のお話もまた趣があってよかったです。


そして何よりもギタープレイが凄かった!!

ギターはピッグガードの剥がれたギブソンとマーチン。それぞれ曲に合わせて変則チューニンク゛してました。

重厚な音とでもいいましょうか、音が一杯放たれる感じがします。
そしてなによりも、ブリッジ側で弾く力強いピッキングが印象的でした。


会場は恐らく常連さんやおっかけの方も大勢来てたと思いますが、皆さんお酒が入ってた割には大人しかったみたい。
というか、二日前の青森市のが凄く盛り上がったと煽られてたみたいな。。

ちなみにノースは車なので、グッと我慢してコーラでした(笑

山木さんのMCも面白かったし、歌もギターもよかったので何も言うことなしなんですが、なんか山木さんと会場の一体感が微妙に空回りしてたのかな~なんて自分なりに感じちゃいました。

まっ、熱心なファンの方々とは違って特に思い入れの強くない新参者の勝手な思い込みなんだろうと多くを語らずとも、例えば、ライブの余韻に浸りたくてどっかみんなで飲みながら語り合いたいな~という気分よりも、さっ今日は反省会だ~みたいな。。

この辺にしますね。


ホールライブでは味わえない臨場感を求めて小さなライブに傾注しているノースですが、これからも自分の好きな方のライブの情報を収集して密かに楽しみたいと思っています。

ちなみに、今月末は能代のリクオさん、7月には弘前で沢田聖子ちゃん、8月は宮城塩竈で早川義夫さんのライブに赴く予定です。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。