カッパ 遠野景色


柳田國男の遠野物語に代表される、河童や座敷童子などが登場する遠野民話が語り継がれる町、遠野。

そこは、なぜか懐かしく、日本の原風景を感じさせるような、歴史と自然を感じられる美しい景色が広がる町でした。
前記事で行きたいな~といってた遠野ですが、いつもどおり気の早いノース君は思い立ったら吉日とばかり、昨日行ってきました。

ほんとうに行ってよかったな~!!


釜石の途中通ったことで火が付いた遠野への想い。

職場の旅行で一度訪れてますが、またいつか自分の車でゆっくり散策したいとずっと思ってました。


昨年の夏頃、ネトフリで一番最初に観た映画 「河童のクゥと夏休み」にとっても感動しちゃった自分。

主人公の康一が河童のクゥと訪れた遠野の風景もずっと心の片隅にあったんでしょうね。


小さい町なのに見どころ満載の遠野ですが、前に訪れた「とおの物語の館」や「伝承園」は今回パス。
無駄に長くなりますが、廻った順にご紹介しちゃいましょう。


遠野ICを降りてすぐ

卯子酉様
s-卯子酉様

愛宕神社鳥居のすぐ脇にあり、カップルがよく訪れるという恋愛の神様を祀る小さな祠。赤い布を左手だけで木に結ぶことができれば恋人と結ばれるというご利益があるそうですが、嫁を前にして結ぶ結べないで揉めるのもあれですので止めました(笑

鳥居の脇から山道を10分位登ると五百羅漢という有名スポットもありますが、ビビリのノースは一人だと怖くていけませんでした。なにやら車で行くルートもあるようですが、どっちにしても怖いのイヤ(笑


次に、まず遠野を知るのが先決かと、遠野市立博物館へ
s-遠野市立博物館

水木しげるさんの描いた「遠野物語」の上映を楽しんだ後に館内を一通り廻るも、末っ子が飽きてすぐに退散。

ちなみに小6長男は家で留守番です。
最近、親と一緒に行動してくれません(悲


途中通った遠野駅
s-遠野駅

「河童のクゥと夏休み」での遠野駅
カッパ 遠野駅


お次は、カッパ淵
s-カッパ淵

伝承園の駐車場から徒歩10分、常堅寺裏手を流れるこの小川に何やらカッパがいるそうです。
水の中で何かが動いたのを見たことは誰にも言ってません(笑

河童のクゥ..から
カッパ カッパ淵


次に向かったのは国の重要文化的景観に選定されている土淵山口集落へ

遠野物語の柳田國男に遠野地方の昔話を伝えた佐々木喜善が生まれ育った地で、遠野物語にでてくる場所が数多く点在する集落です。

佐々木喜善の生家すぐ近く、集落のシンボル的な山口の水車小屋
s-山口の水車

あれ~、なんか新しくない?

帰ってから調べると痛みが相当激しくて最近改修されたみたいです。
40年前にリリースした、あんべ光俊(飛行船)の「遠野物語」のジャケットでも相当ボロかったですからね~。
ちょっと残念な気もしますが仕方ありませんね。

地域の風習に纏わる見どころも一杯のようてすし、丘陵地に立つ民家や棚田など、高台から望むこの集落は日本の原風景そのもののようで観たかったんですが、時間が無くここを後にします。


次なるは遠野ふるさと村

ここは江戸から明治時代に建てられた南部曲り家等の古民家を移築し、田畑や水車などと共に昔ながらの農村風景を再現している場所とのこと。

一番最初の大工どん
s-遠野ふるさと村1

河童のクゥ..で康一が泊まった民宿のモデルのようです。

大野どん
s-遠野ふるさと村2

実際に馬が飼われています。
NHKの朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」で遠野の石川邸のロケ地となった場所のようですが、ドラマの内容ほとんど忘れてますけど(笑

現在茅葺屋根の改修をしてた弥十郎どんは、何年か前にテレビでもやってた水谷豊さん主演の映画「愛しの座敷わらし」のロケをやった曲り家らしく、そば打ちの体験も出来るようです。
この愛しの座敷わらしもいい映画でしたね。

お昼時も過ぎ、お腹の空いた末っ子が、カッパ淵以降、カッパ寿司に行きたいと呪文のように唱えるも「カッパ寿司はここには無いよ」と騙し(実際に無いかも)、遠野いえばこれでしょの処へと...

おっと忘れとりました。
ここの売店でこんなの買っちゃいましたよ。
s-どぶろく

でへへ
まろやか~!!


途中にあんべ光俊さんの遠野物語に出てくる福泉寺 がありましたが、敷地がデカ過ぎてパスしました。


そしてこの日のお目当て、遠野といえば..
s-食肉センター

ラム肉、美味しゅうございました。


帰りが遅くならないように、そろそろ遠野を後にします。

途中、道の駅「風の丘」に寄ってデッキからの眺望を楽しみ、国道283号を進みます。


道の駅「みやもり」からめがね橋を望む。
s-メガネ橋

日本最大のレンガ造りアーチ橋でJR釜石線が通ってます。
SL銀河がこの橋を通る様は撮り鉄でなくとも撮りたくなりますね~。


遠野ってほんといいところでした。

なんだろう、空気感が違うというか、なんかほっこりする遠野の雰囲気って何処からくるんだろう~なんて考えてみたり..

車窓から見える里山という言葉がぴったりな遠野の景色。
民話が根付く昔からの風土はその地形からくるんじゃないかと思いました。

丘陵地が多くて、その麓に立つ民家や棚田、段々畑がいたるところにあるんです。
民家も昔ながらの雰囲気のあるお家が多かったですし。

でも、きっと厳しい自然と共に歩んできた町なんでしょうね。


なんか不思議なところ..
またいつか来たい場所...

そんな遠野を満喫した一日でした。


遠野の雰囲気にぴったりな感じ..
https://www.youtube.com/watch?v=xTyThg71AiM

Secret