上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-パンフ3


だいぶ前の山田辰夫さんの追悼記事で紹介してた渡辺裕之さんのデビュー作 1982年「オン・ザ・ロード」

「相棒」シリーズの和泉聖治監督の一般作品監督デビュー作です。

それほど映画好きでもなかったのに、最近ネトフリや映画館に足を運んだりと映画をみる機会がめっきり増えた自分。

そんな中にあっても、VHSで遥か昔に2回位みたこの「オン・ザ・ロード」のことがずっと気にかかってました。

もう一度みたくて、前はよくオクを覗いては貴重VHS故の高値(一時は3.5諭吉の頃もあったり)にため息をつく日々に悶々とし、今も見つけては手の出そうな金額なるも貧乏人にはポチッをためらう現実と欲望の狭間にただ揺れ動くだけ。


自分だけかと思いきや、当時「転校生」と併映だったせいか結構見てる人多く、自分と同じように未だに引きずってる方も一杯いらっしゃるようで、中には37回も見たという強者も。

いや~お仲間一杯いてて安心したとです(笑

皆さんDVD化を望むも現実的にはyoutubeで一部を観るのが精一杯。
過去、テレビ放映や動画配信サイトで配信されたり、動画投稿サイトで丸ごと一本アップされてた時期もあったようですけど..


そんな中、横浜のシネマノヴェチェントという小さな映画館が昨年この映画を半年というロングランでリバイバル上映を敢行しちゃったみたいなんです。
https://cinema.ne.jp/recommend/ontheroad2016060408/

その映画館の紹介文
http://cinema1900.wixsite.com/home/6-4-35


この僅か数行の綴りに感動して、中古の劇場パンフレットをポチっちゃいました。

劇中、白バイ隊員に扮する渡辺裕之さんが練習シーンで使ったホンダTL125イーハトーブが掲載されてるページです。

s-パンフ1

s-パンフ2

TL125フリークには言わずと知れたバイクですが、映画でとなると超貴重かと。。

映画で使われた白バイはナナハンじゃなくてCB550Fourですが、全てのバイクシーンはスタントマンじゃなくて渡辺裕之さん自身がやったみたい。

この映画公開と同じ1982年に日本で初めて開催された後楽園ジャパンスーパークロスで果敢に四連ジャンプに挑むも玉砕したガッツ秀明こと鈴木秀明さんも髭の白バイ隊員で出てますよ。


いつの日か山田辰夫さん扮するガソリンスタンドのあんちゃんが暗闇の中、関門海峡に向かってホンダの改造マシンで家から疾走する鳥肌シーンをまた見れる日を夢見て..



Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。