吉田拓郎の楽曲をモチーフに製作した映画『結婚しようよ』が、2月2日より全国ロードショーされます。

        ke_poster.jpg

若かった“あの頃”を思い出しながら、現代社会を強く生き抜くお父さん世代へ推薦!とのキャッチで、自身も拓郎の熱烈ファンという佐々部清監督の作品。ストーリーは、フォーク全盛の70年代、歌手を目指していたがあえなく挫折し、今では妻と2人の娘を持つごく普通のサラリーマン。毎日家族揃って夕飯をとるのを生きがいとしていた彼に不意に訪れたのは、娘と妻の自立という現実。家族を守りたい父の思いは…。音楽への造詣も深い三宅裕司を主演に、妻役に真野響子、そして娘役には連続テレビ小説『天花』や『ラブ★コン』の藤澤恵麻と、ガールズ・バンド“中ノ森BAND”にてボーカル&ギターを担当するAYAKOが出演。「結婚しようよ」はもちろん、吉田拓郎の名曲を20曲あまりをフィーチャーし、涙と笑顔を運ぶ家族賛歌!・・・とのこと。

前に、記事のコメントで紹介いただいてたトリビュート・アルバム『吉田拓郎トリビュート~結婚しようよ~』も同日にリリースされます。

ここんとこ時々拓郎を記事にしてるんで、今回の映画とトリビュートアルバムのニュースはもうたまらない魅力があります。
昭和ブームということもあるんでしょうが、今こうして拓郎が取り上げられるのは凄く嬉しいですね。なぜかずっと拓郎が気になっていたのは、こういう流れにあったんだな~なんて今更ながら気づきました。

映画では、シーンごとにこんな曲が流れるそうです。
(1)恋唄
(2)落陽
(3)今日までそして明日から
(4)言葉
(5)明日に向って走れ
(6)結婚しようよ
(7)おやじの唄
(8)人生を語らず
(9)イメージの詩
(10)風になりたい
(11)春だったね
(12)やさしい悪魔
(13)ある雨の日の情景
(14)人間なんて
(15)花嫁になる君に
(16)こっちを向いてくれ
(17)アン・ドゥ・トロワ
(18)祭りのあと
(19)旅の宿
(20)襟裳岬


いずれ劣らずの名曲の数々。
今から上映が待ちどおしいです!

前に紹介したことがありますが、今回の映画でも流れる「言葉」を。。。

Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/201-304ac6ed