昨日のNHK「SONGS」は甲斐よしひろが出演でした。
この番組、あみん以降はあまり観てなかったんですが、久々に硬派な方の登場ということで観ました。

曲自体にあまり拘りや思い出なんかは無いんですが、観てるとやはり存在感がありますね~!
毅然としていらっしゃいます。
TVにはほとんど登場しない方なんですが、なにやら今日の朝の番組にも登場していたとか。。
どうやらカバーアルバムが近々リリースされるとのこと。。。
なるほど~(笑)

硬派といえば、彼に輪をかけたような「浜田省吾」。。
「安奈」のシングルレコーディングのアコースティックギターは「省吾」が弾いてます。

そしてこの甲斐さん、かなり古い話ですが省吾の結婚式でスピーチしてるんですね!
「結婚したら、ロックはできないよ」...って!
と、15年くらい前に買ったこの本「陽のあたる場所」に書いてました。。
IMGP1567.jpg

この本には、吉田拓郎が昔、オールナイトニッポンのDJ最後の日に離婚を告白して、集まったマスコミに毒を吐いて気が立っていた翌日に省吾が拓郎宅にそれを知らずに訪れ、たまたま慰めに訪れた陽水と初対面し、ビートルズナンバーを二人で歌って拓郎を慰めた時のことも書かれています。
ま、最近の拓郎話題の延長ということで...(笑)

こんな古い話が好きなんですが、甲斐よしひろといえばギターはサウスポー!
それも松崎しげると一緒で右用ギターをそのまま持ち替えて演奏できる凄い人です。
でも、サウスポーのギタリストといえば、やはり「ジミヘン」ことジミ・ヘンドリックス・・でしょうかね?!
「ヤングギター」と「Player」誌の3月号の表紙がなぜかジミヘンです。
読むと、最近ジミヘンが見直されてきてて、エフェクター類でもジミヘン仕様みたいのが流行ってるとのこと。。
昔、ステージの上でギターを燃やした時の映像をビデオに撮ってよく観てました。ウッドストックの映像?
知人Hさんと先日お話したときに、彼のバイブルも「ジミヘン」ということでした。
そのビデオに、岡林信康の「私達の望むものは」も入ってて、あの「はっびいえんど」がバックをやってる、音がしこたま悪い映像も一緒によく観てたので、この両者が私の記憶の中でセットでインプットされてるようです(笑)。。

たいぶ話がそれましたね!
今後の「SONGS」には、ぜひ省吾にでてもらいたいものです。
可能性は...かなり低い。。
甲斐さん、省吾に勧めてくれないかな~!。。。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/222-0fbebd54