2008.06.21 多喜二再び
なんか今、すぐ近くで生まれた小林多喜二の「蟹工船」がブームになってるようです。

6581.jpg

3ヶ月で35万部も売れたそうです。ビックリ!
この方のことは以前何回か記事にしてたんですけど、こうなってるとは露知らずで...

先月25日の某新聞夕刊の記事ではじめて知りました。
IMGP2362_20080621223541.jpg

某週刊誌の記事です。
NEC_週刊ポスト

つい先日の新聞です。
IMGP2360.jpg

検索すると思いがけない数がヒットします。

なぜ今関心が高まったかの社会的背景も理解できないわけではないですけど..!

IMGP2363.jpg

まっ、例えが不適切で軽すぎるのかも知れませんが、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のPR記事の中にある「希望に胸を膨らませて未来へ歩いていく...」の希望に胸を膨らますことが出来ない世の中にどうやらなっているようです。
希望が持てない現状への不満と不安を「蟹工船」の工員にタブらせ、一時的に共産主義に救いを求めてるのかもしれませんね。
格差社会に生きる若者のワーキングプアの深刻さの一面を覗かせています。

むずかしい話はこの辺にして..
小林多喜二が幼少の頃よく登って遊んでいた木がまだあります。
買い物で車をお店の前につけて携帯で撮ってみました。

2008・5(1)

もう老木で、斜めに寄りかかってますが、ここの家の方が保存してくれてるんでしょうね!

それと予断ですが...オイオイまたかよ!ってか?(笑)
実は大館市にはもう一人この手の方がおります。
マルクスが唯物論を唱える100年も前に共産主義の原型というべき教えを説いた「安藤昌益」という思想家です。

ある意味、小林多喜二より凄いかも!
この方の子孫で名前も全く同じ方が高校のひとつ先輩におりました(笑)

あまりムズカシイ話をすると、レフトなの?って言われそうですので(笑)この辺で!
私、外野の要のセンターでブルー系が好きです(笑) へば!
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/289-ba4ec152