上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シートに続きサイドスタンド下部の補修です。

地面と接地するところが錆びて小さくなっていますので、金属エポキシパテで肉盛りします。

まずスタンドの錆びをキレイにとります。

次に、実際に肉盛り部分が地面とうまく接地するように、スタンド底にナイロン袋やラップ等を敷いた上でパテを適当な大きさに置き、その上にスタンドをバイクごと置きます。
このまま一日置きます。

後はスタンドを外し、板ヤスリと丸ヤスリでひたすら形を整え、磨きのヤスリがけをして終了です。

このパテの強度は未知数ですのでしばらく様子をみる必要があります。
本当は溶接が一番いい方法だとは思いますが、まずはこれで良しとします。

これであらかじめ補修しておきたいと思っていたところ(サイドカバー割れ、シート亀裂、サイドスタンド下部)全て終わりましたので、近々全バラします。

DSC00192.jpg DSC00193.jpg
DSC00195.jpg DSC00196.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/29-34ef1892
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。