上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP0030s-.jpg

8月30日...待ちに待ったイーハトーブトライアル大会の日です。

前日から秋田県三種町のとある温泉街に仕事で宿泊していた私は、早朝に七時雨をスタートする「チームTL関東」のみんせいさんと森2号さんを安比のペンションから見送ろうと午前3時に宿を発つ予定で携帯アラームをセットし10時には布団に入りました。
同部屋の他3人のうち2人は温泉街に消えてシメシメと思ったまではよかったんですが、もう一人のささやき攻撃で12時まで寝かせてもらえず、その後帰った2人の唸りといびきで結局一睡も出来ずにまだ真っ暗な2時40分に宿を出ました。
ところがあろうことに途中で道に迷い、逆の方向へと知らない山の中をひたすら走ってやっとこさICに辿り着くという何ともトホホな展開で30分以上もロスしてしまいました。
そんなかんだで家に着いたのは4時30分過ぎ。チビを起こして着替えさせたりと準備に手間取り出発したのはもう5時45分過ぎでした。この時点でお二人と会えないのが確定しちゃいました。残念!

こうなるとネリクラスに参戦するご三方(ぷーたとうさん、シダックスさん、yoshida914さん)や多摩テックのお二人、そしてTL東北の仲間が待つスタートへと気が焦ります。
最低でも集合写真に間に合うようにと高速を飛ばし、トイレ休憩も朝食もとらずにひたすら安比へと向います。
そして7時15分頃に安比スタート地点に到着!
急いでチビを連れて本部席周辺に行くと..「いますた~」ぷーたとうさん発見!
シダックスさんとyoshidaさんとの感動の初対面、そしてとうさんとはハグハグで再会を喜び合いました。
もう一組のテックのイワピー師匠さんとレミゾーさんはネットで存じ上げてましたが、多分私のことはよく分からなかったと思います。けどスタート直前のお互いボルテージが最高潮に達する中に身を委ねると、出る人も応援する人も自然と心が一つになっていく..そんな不思議な感覚に浸っていました。

そんな中、もう一つ楽しみにしてた「ぷーた家」とのご対面がやってきました。
奥様のしっぽさんがお嬢様のピコちゃんを連れて会場に来ておりました。
こちらも妻を呼んでいよいよご対面です。

いや~照れますた~! 
ウチのチビも照れてますた~!
こういうのって嬉しいものですね。

そして実行団のイッシーさんとも久しぶりの再会を果たしました。

私はすでにパパラッチモードに突入!カメラやビデオを構え汗をかきかき皆のいい顔を撮ろうとスタンバイです。
そして集合写真に意識を集中してパチリ!(記事冒頭の画像です)

そしていよいよスタートです。
皆さん、緊張されてる様子には見えなかったんですが、実際は期待と不安で心臓バクバクだったかもです!

スタートの様子は動画で紹介してますので省略しますが、偶然にも後続組にいつも私のブログに登場するH塚さんが登場でビックリしました。
この日のバイクは例の「丸山スペシャル」!お相手の方はRTL250Sの逆輸入車です。

関東5人組とH塚組がさっそうと第一セクションのある安比高原スキー場の方へと颯爽と走り去るのを見届け、やっと一息つきました。

次は同じくネリに出場する「TL東北」で先日掲示板に投稿されたオバさんを探します。
ゼッケン番号分かってたんですぐ見つかり、お仲間の方と一緒に初対面のご挨拶!
なかなか気さくな感じでナイスでした。
そしてイッシーさんにご紹介し暫し談笑!逆にイッシーさんから団員の横手で居酒屋をやってらっしゃるTさんをご紹介いただきました。

TLが取り持つご縁が凄い勢いで広がります~!

ほっと一息ついたら朝食食べてないのを思い出し、近くのコンビニへと向う我が家でした。。。

その後ペンションに伺い、しっぽさんと今日の予定の打合せです。
実はこの日、車だと各セクションを追ってまで撮影が出来ないだろうと思ってたんですが、田山ドライブインにはまだ間に合うはずと教えてもらい、私一人で田山へと向いました。

これが怒涛のパパラッチ道の始まりとは、このときまだ知る由も無くでした(笑)

ちょうど田山ドライブインでは早くスタートしたグループが昼食タイム。
到着名簿を見るとチームTL関東はまだの様子。来る方向に回り込んでビデオ撮ろうと道路に出たとたん彼らはやってきました。あまりにもナイスタイミンぐ~
yoshidaさんがなんやらカッポリ(秋田弁:ぬかるみにはまること)した模様で片足が真っ黒けでした!

次に見れるのは七時雨とのことで、先に行って彼らを待ち構えます。
この待つ時間がなんとも長かった。そろそろと思ってビデオを回すと別のグループ。ガッカリ!の繰り返し!
ついには双眼鏡を車から取り出し、紐がカメラやめがねに絡まったりビデオを落としたりと、もう汗だくアップアップになりながらの撮影現場でした。

そんな私の苦労も知らずに、彼らは風を切って気持ち良さそうに七時雨にやってきました。
ここでのセクションは2箇所。
七時雨山荘近くのセクションは難しそうです。
クリーンはとうさんとイワピー師匠さんだけでした。
H塚さん達も追ってすぐ到着。残念ながら妙技は見れませんでした。
ここでアイスクリームが配られてましたね!少しお裾分けいただきました。

ここは携帯も県外(圏外)!
ペンションに置いてきた子供たちが仲良くやってるかも気がかりで、急いで山を降りました。
途中、米沢のkawaさんに電話したら、今七時雨に向かってるとのことで、すれ違いでした。

国道に出てまもなく、指定給油所で給油している選手達を発見。
とうさん達の前のグループだったので、またここでパパラッチの虫が...

予想どおり、まもなくやってきました。
皆さん、また待ってたの?って感じで、驚いたり呆れたり..だったんでしょうか?もしかして嬉しかったとか?..
給油後にすぐ裏に丸太のセクションがあり、ここでブドリ参加のTL125バイアルスが凄いトライを見せてくれました!
これにメラメラと燃えたのか?とうさんがブドリのセクションにトライです。
見事クリアです!
ここでイワピー師匠さんヘルメットとって一句!「脱毛(脱帽)です」!...(超爆)
本当に面白い方です!
でも誰もとうさんが勝負に拘ったとは思っていません。
はい!テレビ岩手のカメラクルーがカメラを回しておりましたもの!
その横ではシダックスさんが女性アナウンサーさんと仲良く記念写真を撮ってますもの!
実にわかりやすい、いつものとうさんですた~(爆)
イワピー師匠さんもブドリをクリアし、ここは当然全員クリアです。

次はゴール近くに最後のセクションがあるとのこと..
また先回りしてじっくりと待ちます。
雨も降って傘差しながらの待機です。
やってきました関東軍団!

最終セクションは傍でじっくりみれるエリアにあったので、こりゃビデオにびったしだね!と張り切っていたら...なんとも恥ずかしいバッテリー切れ! 「え゛~」ですよ、ほんと!
なんで~?..後で分かりましたが、しばらく撮影モードで回しっぱなしになってたところありました。トホホ!

こんな時でも見せ場を作ったのはまたしても、とうさん!
またまたブドリラインに挑戦。見事クリア!..
振り返るとカメラクルーがちょうどやってきたところ...
場内大爆笑! さすが道場主です!笑いのポイントを外しません(爆)

あとは、皆さんが次々とゴール!
泥で真っ黒になったバイクを見ながら、皆で完走を称え合いあいました。
完走者には完走した証の名入れ記念バッチと半熟たまご(なぜ?)が送られました。

最後に皆でスタート台にあがって記念撮影です。
皆さん、最高の笑顔でしたよ!
私も皆と一緒にカメラに納まらせていただきました。感激~!
kawaさんも来てました。

皆さんお疲れ様~!
事故や怪我無く終わったことがなによりですよね!

そして、完走バッジを持って暖かい料理と冷たいビールの待つペンションへと帰りました。

ペンション編に続く...

もう自分でも呆れるほどのノンフィクションドキュメンタリー観戦記でしたが、ビデオの合間に撮った写真もスライドショーにしてみましたのでよかったら~。。。


Video: 2008イーハトーブトライアル
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/313-66f00419
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。