上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
?ハンドル左右のスイッチケース・レバーのクリア塗装が終わりました。
 クリアは予告どおり2液ウレタンを使いました。

後半の作業工程DSC00316.jpg
?下塗りはアサヒペンの「メタルプライマー」を
  軽く2回→1日乾燥。
?本塗りはイサム塗料の「エアーウレタン」を3
  回→4日間乾燥。
?軽く2000番の耐水ペーパーをあて、コンパ
  ウンドでひたすら磨き・・のつもりが、花咲
  かGクリーナーの方が効果的でした。
  1~2箇所ほどタレてしまいましたが、なんと
  かペーパーで平らに!

完成後の画像です
 画像では光沢感が出てませんが実際はボチボチでしょうか!
DSC00325.jpg


?同時進行で、ヘッドライトブラケットも補修しました。
作業工程
?サビ落とし
?亜鉛含有プライマー塗装
?プラサフ塗装
?ブラック塗装
?ウレタンクリア塗装
?磨き
各工程間は出来るだけペーパーをかけるよう心がけました。
各塗装は2~3回位重ね。
特にライトステー部分は外部から見える場所なので、特にこまめに塗装面を研ぎました。

     (初期)          (錆取り後)         (防錆プラ)        (プラサフ)
DSC00300.jpg DSC00303.jpg DSC00304.jpg DSC00305.jpg

ステー部の画像です
横には映り込み用に今回性能の高さを再確認したGクリーナー!
DSC00322.jpg


?ついでに前に塗装していたエアークリーナーケース(バッテリケース)にもこのウレタンを吹いてバッテリー液対策しました。
DSC00319.jpgDSC00320.jpg

使い切りタイプですので、残さないようにちょうど1本使い切りました。
冬期間のためウレタンの硬化時間を早めるよう出来るだけ温かい部屋に置くようにしました。
ネットで検索すると1週間位置いておく方が結構いらっしゃるようですが、待ちきれず取扱説明にある硬化乾燥78時間経過後(3日間)に磨きをかけてしまいました。
実際には完全硬化になっていなかったようで、コンパウンド(ホルツ極細1ミクロンタイプ)研磨後の拭き取りに支障が!
液体コンパウンドはどうかなとも考えましたが、たまたまGを使ったらすこぶる快適で難なく磨きと同時にコーティングが完了!
このクリーナーはタダモノではないです。
温風ヒーター等で暖めてみて、塗料のニオイが残っているうちはどうやらダメなようです。
やはり一週間位は必要と反省です。

今後予定している、フレームやタンク・ハブ等の塗装に今回の経験が役に立ちそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/42-e179a8db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。