上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.09 リベンジ
前に諦めてそのままにしていたテール・ナンバーブラケット裏の超頑固な錆とりに再びチャレンジしました。
DSC00343.jpg

 前に塗布したままの花咲きG錆取り剤がところど
 ころ錆を白く変色させていますが、錆自体は結構
 分厚く残っています。





ラストリムーバーの希釈液にドブ漬けを繰り返し、都度マイナスドライバーや真鍮ブラシ.耐水ペーパー.ボンスターを使い少しづつ落としていきます。
かなり根気のいる仕事で、ドブ漬けにも結構時間を費やしています。
希釈濃度を濃くするとお金もかかるし、メッキ部への影響も心配ということでお金よりも時間を選択しました。
DSC00344.jpg

 殆ど錆は退治できましたが、地金の腐食した部
 分の痕跡が全体に灰色っぽく残っています。






20070209164033.jpg 
 今回は亜鉛含有塗料「ローバル」を使ってみまし
 た。
 ハケで塗って防錆処理の完了です。
 この「ローバル」は亜鉛含有率96%とシリーズ
 中最も含有率が高く安価でしたのでホームセンタ
 ーから購入しました。
 


塗りたてはこのようにサフェーサーを吹いたような感じですが、暴露が進むにつれて色や質感が変化すると思われます。(ローバルアルファのように金属光沢は出ないようです)
DSC00345.jpg

最近もっぱら錆落しと磨きがレストアのライフスタイルになってきていますが、自分でもこの部分が「錆の宝庫」ということからも、何とかしなければと思っていたので、今回ようやくリベンジを果たした気分です。
これで現在までバラした小部品の錆取りと磨きを終えたことになりますので、現在進行形のサイドカバーとフェンダー補強が終了すれば、本格的に残りのバラしにかかります。

レストアのペースがカメより遅い状態に陥ってます・・・
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/581-c985c051
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。