上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある関東のバイクフリークの方から、私がレストア中のTL50BIALSについて詳しく載っている本の写しをプレゼントいただきました。

s-IMGP0448.jpg

14ページにわたり開発ストーリーや性能そして論評等がこれ以上無理という位詳細に解説されています。
ずっとこのような情報を得たいと思いつつその術が分からずいましたが、この内容を見るにつれ改めて所有している喜びと、暫く停滞していたレストアへの意欲を掻き立ててくれました。

特に印象に残ったフレーズが末尾に記されています。
「登場から30年近い時を経て、落ち着いたたたずまいを見せるバイアルスTL50。そこに、かつて感じた以上の存在感を見出したのは私だけだろうか・・・。」

決して貴方だけではありませんよ(笑)
自分が常々感じていることをよくぞ言ってくれました。
そうなんです。小さいながらも存在感があるような気がしていました。
特に今の時代は!
たった3行の文章に舞い上がる私がいました(笑)

ほんといいプレゼントをいただいたものです(感謝)

これに関連して、毎日チェックしている「ザ・キット屋」の店主日記の一昨日の記事に興味を引かれる一文がありました。

簡単に申しますとオーディオ販売大手関係者のお話として、
今までずっと何年も伸びて来ていたホームシアタ関連が初めて減り、ピュア(業界で2ch再生の映像なし)が増えていて、MP3も止まりバラコンのCDとSACDのコンパチプレーヤが増えている。球アンプに至っては通販の方の伸びが凄くて前年比で2割以上も増えてるとか。
また、大手広告代理店の話では、世の中がどんどんシンプルな方向へ向かっているというか戻っていることは間違いない。これは社会トレンドとも思われ、余計なものを省いてシンプル化しようという動きがどんどん大きくなっている。老後のライフスタイルみたいなものまで含んだ大きな流れとして今後更に加速する見込みで、フルスペックの時代はもう終わり、基本機能に拘った骨太なものが好まれる時代に向かっていることは間違いない。
ここにも原点回帰というか「おうちへ帰ろう」的なマインドを感じます。バブリーな外向きの派手さとは全然異なる内向きの自分指向のシンプルな贅沢。多くを望まないがモノにも生き方にも拘る人たちが増えている。

というような内容でしたが、フルスペックの時代は終わり基本機能に拘った骨太なものが好まれる時代・・・。
今トライアルバイクという無駄な機能を削ぎ落とした乗り物に目が向けられつつあることは時代のトレンドなのかも知れません。

時代は拘りのシンプル化へ・・・・!
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/657-1785109c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。