2008.04.04 Tube
Tubu...

YouTubeとかで使われるこの言葉!
夏になれば急に出てくる4人組? はてまた自転車やバイクのタイヤに入ってるやつ?
な~んて色々連想されるこの4文字は、テレビとか真空管のことを表す言葉なんだそうです。

MONOマガジンの最新号で、最近若い世代にも人気がある「真空管アンプ」の特集が組まれています。
18ページの大特集です。

題して「真空管は、美音の近道」。。。
IMGP1718.jpg

この中で、昨今の真空管アンプの盛り上がりの潮流を牽引してきた「トライオード」と「サンバレー/ザ・キット屋」という二つの両雄抜きに現代真空管アンプは語れないのである...との書き出しで、トライオード社の「山崎順一」氏と、私の敬愛するキット屋の「大橋慎」氏も紹介されています。

IMGP1719.jpg

なにやら、山崎さんと比べてヒール顔で載ってしまった写真にクレームをつけたとかつけないとかのオチもあるようですが(笑)。。この明と暗が編集者の狙いだったとか..

真空管が半導体に代わってから40年以上が経とうとしている今、ボリュームを絞っても音痩せしなく、低音再生のドライブ能力に優れ、艶やかな色彩感のある再生音が魅力な管球アンプが、好きな音楽をいい音で聴きたいという流れの中で注目を集めており、通常のCD再生はもとより、PC、iPod等のデジタルソースと繋いで楽しむ方も増えているそうです。

そんな中で、ログハウスで真空管サウンドを聴くイベントが東京であるみたいです。
近くでやるんだったら必ず飛んでいくんだけどな~!残念。。

ちなみに、浜田省吾の新作DVDのDISK1が真空管のデザインになってます。
IMGP1717.jpg

ぜひゆとりが出来たら、中・上級者用のキット物を作ってみたいものです。。。
Secret

TrackBackURL
→http://northline.blog82.fc2.com/tb.php/780-2c4bdb8d